FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
備忘録。

前の記事(Cisco892JのEoS/EoL情報)のCisco892Jの後継機種として書いていますが、
Cisco891FJ(C891FJ-K9)
という機種がいつの間にやら出ています。

で、日本のページには無いですが、米国のページにはあります。
Cisco 890 Series Integrated Services Routers Data Sheet
http://www.cisco.com/c/en/us/products/collateral/routers/800-series-routers/data_sheet_c78-519930.html

ええ、Cisco892FSP(C892FSP-K9)のことを書いていないことに今気付いたりしてます。

Cisco891FJ
・WAN Interface(Routed Port)が1GE(SFPとのコンバイン)と1FE
・LAN Interface(Switch Port)が8GE
・BRI付
・CAPWAP(LWAPP)対応の無線AP型番有り
・PoE対応(Switch Portの内、4ポートのみがPoEとして利用可能(追加で800-IL-PM-4が必要ですが))
となっています。
ちなみに Cisco892FSP
・WAN Interface(Routed Port)が2GE(1ポートがSFPとのコンバイン、もう1ポートはメタルのみ)
・LAN Interface(Switch Port)が8GE
・BRI無し
・無線AP型番無し
・PoE非対応
となっています。

スイッチポートが8ポート全部GigabitEthernetになっていますが、
CPUとかとの接続は何Mbps?何Gbps?なんでしょうか???

ちなみに^2 サポート開始OSは
Cisco891F:15.3(3)M2 and 15.4(1)T
Cisco892FSP:15.2(4)M
となっています。

ちなみに^3 Cisco1812J、Cisco892Jと同じく”J”型番が付いていると言うことはお安く提供されるのではないかと推察しています>Cisco891FJ

そう考えると
Cisco892FSPって時代の徒花だったんだな、、、
と思ったり。

あとCisco891Fのフロント・リアパネルの状態はこちらを。
Cisco 800 Series Integrated Services Router Hardware Installation Guide
Product Overview
Cisco C891 Series ISRs

http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/routers/access/800/hardware/installation/guide/800HIG/prodoverview.html#pgfId-1152355

あと^2 "Cisco 890"という纏められ方をしてしまっていますが、Cisco891Fもラックマウントできそうです。
Cisco 800 Series Integrated Services Router Hardware Installation Guide
Installing the Router
Installing Cisco 890 Series in a Rack

http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/routers/access/800/hardware/installation/guide/800HIG/installing.html#pgfId-1127424
ただラックマウントキット自体はCisco892JやCisco892FSPと同じくオプションなので追加で買わないといけなさそうです。

The Cisco 890 series ISRs also have optional rack-mount features.


オプションのラックマウントキットはハードウェアインストレーションガイドの記述を見ると今までの
ACS-890-RM-19
でよさそうです。


追記。

日本語ページにも記載が載りましたね。

Cisco 890 シリーズ サービス統合型ルータ
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/routers/c800isr/prodlit/data_sheet_c78-519930.html


スポンサーサイト




【2014/05/10 00:28】 | 新製品
トラックバック(0) |
備忘録。

前の前のエントリーCat6800iaについて、前のエントリーCat6807-XLについて書いていますが、なんとなくCat6503-E、Cat6504-Eの後継機種という感じの
Catalyst 6880-X
というSupervisorが固定型のラインナップも用意されています。

基本Sup-2Tベースのようですが、
ルーティングテーブルなどが小さい C-6880-X-LE

フルルートが食べられる C-6880-X
があります。
※この思想はCat45シリーズのSupに似ていますね。

C-6880-X-LEでもVSSもサポートしているし機能的に欠損はなくエントリーが少ない等なので企業内ではC-6880-X-LEでも十分かも知れません。

また
・WS-X6904-40Gモジュール
・Sup-2T
と同等
という記載も以下の資料にはあるのでCatalyst Instant Accessにも対応しているかも知れないです。
Cisco Catalyst 6880-X - Innovation with Investment Protection for Tomorrow’s Campus Backbone
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/switches/ps10902/ps715/ps13194/white_paper_c11-728540.html


メトロ系の機能については以下のページにまとまっています。
Cisco Catalyst 6880-X Applications in Service Provider and Metro Ethernet Networks
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/switches/ps10902/ps715/ps13194/white_paper_c11-728541.html

また基本スペック的なところは以下のデータシートに載っています。
拡張可能な固定型 Cisco Catalyst 6880-X シリーズ アグリゲーション スイッチ
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/switches/cat6800/prodlit/data_sheet_c78-728228.html
Cisco Catalyst 6880-X Series Extensible Fixed Aggregation Switch Data Sheet
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/switches/ps10902/ps715/ps13194/data_sheet_c78-728228.html


単体で考えると結構よくまとまっている製品とも思うのですが、Supの交換もできなさそうですし、Cat6500E/Cat6800Xのラインカードも使えないので、正直、投資保護と将来性がない感があるので、ちょっと徒花的な感じがしています。
※徒花感ではCat6503-Eに近い感が。。。


追記。

Cat6880でInstant Accessに対応したのは
15.1(2)SY2
からですね。

Cisco Catalyst 6500 Series Switches
Release Notes for Cisco IOS Release 15.1SY
New Software Features in Release 15.1(2)SY2
・Instant Access on Cisco Catalyst 6880-X switch—See this publication

http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/switches/lan/catalyst6500/ios/15-1SY/release_notes.html#pgfId-5082116

このリリースで他にも
・VSS Quad-Sup SSO (VS4O)—See this publication
・Etherchannel on IA clients.
・Instant Access on VSS Quad-Sup.

といった機能追加されています。



【2014/01/04 22:07】 | 新製品
トラックバック(0) |
備忘録。

既に前のエントリーCat6800ia について書いていますが、モジュラー型スイッチでの10年以上のベストセラーであるCatalyst6500シリーズの後継機種である
Catalyst 6800シリーズ
が出ています。

純粋な後継としては
Cisco Catalyst 6807-XL モジュラ スイッチ
が該当することになるかと思います。

このCat6807-XLのCat6500Eからの大きな差異としては、
各スロットが100Gbps対応になった(1スロットあたりの帯域幅は最大880Gbps)
というところでしょうか。

ただ現時点でリリースされているSupやラインカードは40Gbpsまでの対応なので100Gbps対応のSupやラインカードがでるまではバックプレーンを使い切ることは無いということでしょうか。

あと現時点ではCat6800XとCat6500Eでは同じSup2T、ラインカード、そして両方ともIAにも対応しているので今のところ大きな違いは
N+1の電源冗長
ファントレイの個別ファンが変速ファンでN+1冗長
でしょうか。

Cat6807-XLの特徴は以下のページが比較的よく書かれていると思います。
Cisco Catalyst 6807-XL - Innovation with Investment Protection for Tomorrow’s Campus Backbone
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/switches/ps10902/ps715/ps13195/white_paper_c11-728264.html

将来的にサポートされるラインカードも
・Improved 80-Gbps fabric-based Cisco Catalyst 6900 Series
・New 160-Gbps fabric-based Cisco Catalyst 6900+ Series
・New 200-Gbps fabric-based Cisco Catalyst 6900+ Series
・Future 220 to 440-Gbps fabric-based Cisco Catalyst Series
と記載もありますし、"Extra Fabric Channels"と将来のラインカード用のチャンネルも用意されていることが分かります。
それ以外にも WS-X6100/X6700/X6800/X6900 といった既存のラインカードとバックプレーン接続についての記載があったりします。

一応、データシートのページも。
Cisco Catalyst 6807-XL モジュラ スイッチ
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/switches/cat6800/prodlit/data_sheet_c78-728229.html
Cisco Catalyst 6807-XL Modular Switch Data Sheet
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/switches/ps10902/ps715/ps13195/data_sheet_c78-728229.html



【2014/01/04 20:30】 | 新製品
トラックバック(0) |

ファブリック帯域幅
hkatou
> ただ現時点でリリースされているSupやラインカードは40Gbpsまでの対応なので

2014/01 の時点ですと、SUP2T が最新で、80Gbps / slot ではないでしょうか。

-----
Cisco Catalyst 6500 Series Supervisor Engine 2T Data Sheet
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/modules/ps2797/ps11878/data_sheet_c78-648214_ps708_Products_Data_Sheet.html
80 Gbps switching capacity per slot
-----

ラインカードも、WS-X6908-10G-2T で 1:1 Oversubscription ですので、ワイヤレート可能です。

ご参考になれば幸いです。

Re: ファブリック帯域幅
ねっとわーかー
hkatou さま

> 2014/01 の時点ですと、SUP2T が最新で、80Gbps / slot ではないでしょうか。
ご指摘ありがとうございます。
その通りです。

そして自分が以前書いたSupervisor2Tの記事で書いてあったりしました。。。orz
Supervisor 2T
http://networkerslog.blog137.fc2.com/blog-entry-189.html



コメントを閉じる▲
備忘録。

Catalyst6800もというコメントが付いていたのでとりあえずまとめてみます。

基本的にはCatalyst6500の後継機種ということになっていますが、一つ大きな特徴としては
Catalyst Instant Access
というアーキテクチャーです。
簡単に言ってしまうと、
Catalyst6800ia というスイッチを使うと Catalsyt6500E/6800Xのラインカードとして使える
というものです。
Nexusシリーズを使ったったことがある人はNexus5000シリーズとNexus2000シリーズの
Fabric Extender(FEX)
を想像していただくと理解しやすいのではないでしょうか。

Cisco Catalyst Instant Access ソリューション
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/switches/cat6800/prodlit/white_paper_c11-728265.html
Cisco Catalyst Instant Access Solution
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/switches/ps10902/ps715/ps13198/white_paper_c11-728265_ns1240_Networking_Solutions_White_Paper.html

IA(FEX)でもeFSU(擬似ISSU?)に対応しているようです。
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/switches/ps10902/ps715/ps13198/white_paper_c11-728265_ns1240_Networking_Solutions_White_Paper.html#wp9000229

ただ資料を見る限りIA(FEX)側のOSアップデートの際には、アップデート中にはそのIA(FEX)に収容されているサーバ等は通信できなさそうです。
サーバが違うIA(FEX)に収容する形でのボンディング・リンクアグリゲーションができればいいのですが、資料を見ると1つのFEXグループを構成する複数のスイッチに繋ぐ形ではボンディング・リンクアグリゲーションはできそうな記載はありますが、サーバから複数のFEXグループに繋ぐ様なボンディング・リンクアグリゲーションはできなさそうです。

また Catalyst Instant Access はスタブとなるスイッチは
Catalyst6800ia
が必須ですが、コア側はCatalyst6800Xだけでなく
Catalyst6500E
でも使用できます。Catalyst6500Eでの条件としては
VSS(もしくはVSS Quad-Sup SSOモード)
Supervisor2T(VS-S2T-10G、VS-S2T-10G-XL)
10Gモードに設定された WS-6904 40G/10Gラインカード(WS-X6904-40G+CVR-CFP-410GSFP)
IP Services フィーチャセット
となります。

WS-6904 40G/10Gラインカードについてはこちら。

Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチの 40 ギガビット イーサネットの仕組み
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/switches/cat6500/prodlit/white_paper_c11-696669.html
40 Gigabit Ethernet on Cisco Catalyst 6500 Series Switches: How It Works
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/switches/ps5718/ps708/white_paper_c11-696669.html

Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチ用 Cisco Catalyst 6900 シリーズ 40 ギガビット イーサネット インターフェイス
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/switches/cat6500/prodlit/data_sheet_c78-696623.html
Cisco Catalyst 6900 Series 40 Gigabit Ethernet Interface Module for Cisco Catalyst 6500 Series Switches Data Sheet
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/switches/ps5718/ps708/data_sheet_c78-696623.html


その他のCatalyst6800iaについてはこちら。
Cisco Catalyst 6800ia シリーズ スイッチ
データシート
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/switches/cat6800/prodlit/data_sheet_c78-728230.html
Q&A
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/switches/cat6800/prodlit/qa_c67-728684.html

Cisco Catalyst 6800ia Series Switches Data Sheet
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/switches/ps10902/ps715/ps13198/data_sheet_c78-728230.html
Cisco Catalyst Instant Access Q&A
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/switches/ps10902/ps715/ps13198/qa_c67-728684.html



【2014/01/04 17:46】 | 新製品
トラックバック(0) |
備忘録。

EHWIC-1GE-SFP-CUのことを調べていたときに見つけたのですが、
SM-2GE-SFP-CU
というのがありました。

Cisco SM-2GE-SFP-CU Service Module Data Sheet
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/routers/ps10537/data_sheet_c78-709155.html

基本的な仕様は EHWIC-1GE-SFP-CU に準じるとのこと。
Cisco Enhanced High-Speed WAN Interface Cards
https://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/routers/ps10536/data_sheet_c78-660124.html

Routed Portを複数持ちたい、EtherChannelのメンバーポートを増やしたい(EHWICのスイッチポートではEtherChannelが組めない)という場合には便利そうなんですが、EHWIC-1GE-SFP-CU自体は結構いろんなG2プラットフォームであれば使用できますが、SM-2GE-SFP-CUは結構制限があります。
使用できるのは
Cisco3925、3925E、3945、3945E

15.1(4)M3 or 15.2(3)T
以降となります。

ということで便利そうですがそんなに使う場面は少ないかな、とも。。。


【2013/12/08 12:23】 | 新製品
トラックバック(0) |
備忘録。


ちょっと前ですが、Catalyst 3850 の廉価版とも言えるようなスイッチである
Catalyst 3650
がリリースされています。
なんというか既存のCat3560と間違えそうな名前ですね。。。

パット見る限りは Cat3850 との違いは
・無線コントローラで収容できるAP数が半分の25(Cat3850は50)
・StackWiseがオプション・160Gbps(Cat3850はデフォルト構成・480Gbps)
・アップリンクが固定(Cas3850はC3850-NM-4~で選択可能)
・StackPowerに非対応(Cat3850はCat3750-Xと違いLAN Baseでも使用可能)
・XPSに非対応

という感じでしょうか。
※Cat3850のStackWise-480も3本ケーブルを使っているので160Gbps×3ということではないでしょうか。
※Cat3750-Xは15.0(2)SEからLAN BaseライセンスでもStack Powerが使えるようになりました。
 のら様、ありがとうございます。

Cat3650Cat3850の詳細の違いは以下の表が分かり易いと思います。

Cisco Catalyst 3650 Series Switches
Q&A
Q. How do the Cisco Catalyst 3650 switch features compare to those of Cisco Catalyst 3850?
A. Table 2 shows the feature comparison with Cisco Catalyst 3850.
Table 2. Feature Comparison of Cisco Catalyst 3650 and Cisco Catalyst 3850 Switches
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/switches/ps5718/ps13133/qa_c67-729531.html#wp9000309

Cisco Catalyst 3650 シリーズ スイッチ Q&A
Q. Cisco Catalyst 3650 スイッチの機能と Cisco Catalyst 3850 の機能はどのように異なりますか。
A. 表 2 は Cisco Catalyst 3850 との機能比較表です。
表 2 Cisco Catalyst 3650 スイッチと Cisco Catalyst 3850 スイッチの機能比較表
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/switches/cat3650/prodlit/qa_c67-729531.html


逆にライセンスは RTU になっているところはCat3850と同じですね。

Q. 評価 RTU ライセンスのアクティブ化から 90 日が経過するとどうなりますか。
A. 評価 RTU ライセンスの EULA では、90 日以内に無制限ライセンスをご購入いただくことを想定しています。そのため、90 日経過後は、評価ライセンスは無効になります。期限切れとなる 90 日目の 10 日前と 5 日前に、評価 RTU ライセンスの期限切れに関する警告 Syslog メッセージが生成されます。90 日が経過すると、警告 Syslog メッセージが毎日表示されるようになります。毎日 Syslog メッセージが表示されることを除けば、有効期限が切れた評価ライセンスは、スイッチのリロードを行わない限り、正常に機能します。リロードした後で、有効期限の切れた評価ライセンスを再度アクティベートすることはできません。


Cat3650がどの機種の後継か?というのは若干微妙な感はあるのですが、Q&Aにあるように
Catalyst3560-X
の後継であることは間違いないです。その為かStackWise-160モジュールがオプション扱いになっています。
ただ別の記事で書きますが、Cat3750V2のEoS/EoLでの後継機種としてCatalyst3650が載っています。
多分、
・高パフォーマンスが求められる場合はCat3850
・そこそこのパフォーマンスでいい場合はCat3650
ということなのかな~と思っています。

というところでCatalyst3650とCatalyst3560-Xの比較表がこちら。
Cisco Catalyst 3650 Series Switches
Q&A
Q. How do the Cisco Catalyst 3650 switches compare to the Cisco Catalyst 3560-X models?
A. The Cisco Catalyst 3650 switch is revolutionary in terms of both functionality and features. Table 1 shows a comparison with the Cisco Catalyst 3560-X.
Table 1. Comparison of Cisco Catalyst 3560-X and 3650 Switches
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/switches/ps5718/ps13133/qa_c67-729531.html#wp9000305

Cisco Catalyst 3650 シリーズ スイッチ Q&A
Q. Cisco Catalyst 3560-X モデルと比較して Cisco Catalyst 3650 スイッチが優れているのはどのような点ですか。
A. Cisco Catalyst 3650 スイッチは、機能性と特長の両面で革新的なスイッチです。表 1 は、Cisco Catalyst 3560-X との比較対照表です。
表 1 Cisco Catalyst 3560-X スイッチと Cisco Catalyst 3650 スイッチの比較対照表
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/switches/cat3650/prodlit/qa_c67-729531.html


<関連記事>
Catalyst 3850

http://networkerslog.blog137.fc2.com/blog-entry-304.html



【2013/11/18 22:33】 | 新製品
トラックバック(0) |


のら
>・StackPowerに非対応(Cat3850はCat3750-Xと違いLAN Baseでも使用可能)

Cat3750-Xも、15.0(2)SEから LAN BaseでStackPowerが使用可能になってます。

New in Cisco IOS Release 15.0(2)SE
•Support for stack power is now extended to the LAN Base license. (Catalyst 3750-X switch)

Re: タイトルなし
ねっとわーかー
のら さま

> >・StackPowerに非対応(Cat3850はCat3750-Xと違いLAN Baseでも使用可能)
> Cat3750-Xも、15.0(2)SEから LAN BaseでStackPowerが使用可能になってます。
> New in Cisco IOS Release 15.0(2)SE
> •Support for stack power is now extended to the LAN Base license. (Catalyst 3750-X switch)
ご指摘ありがとうございます。
15.0(2)SEのリリースノートを確認しました。
やはり定期的にリリースノートを確認しないといけないですね。

記事の本文も直しておきました。



コメントを閉じる▲