FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録。

あまり気にすることもなかったのですが、ネットワーク機器(だけではないかも)のラックマウントをする際の
トルク
の話。

・ネットワーク機器とラックマウントキットを装着する時のトルク
Cisco ISR 4400 および Cisco ISR 4300 シリーズサービス統合型ルータ:ハードウェア設置ガイド
ラックマウント ブラケットの取り付け

https://www.cisco.com/c/ja_jp/td/docs/rt/branchrt/4451-xisr/ig/001/c4400-isr/install-connect.html#27481
---------------------
ネジは締めすぎないようにします。推奨されるトルクは 15 ~ 18 インチ ポンド(1.7 ~ 2.0 N-m)です。
---------------------

・ラックマウントを装着したネットワーク機器をラックにマウントする際のトルク
機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等
ねじの締め付けトルク(軸力との関係)

http://d-engineer.com/kikaiyouso/toruq.html
使用するネジがM5の場合は3N・m
使用するネジがM6の場合は5.2N・m

個人的にオススメの工具は
VESSELの電ドラボール
です。
電ドラボール No.220USB-1(+2 x 100付属)
http://www.vessel.co.jp/product/screwdriver/detail/148501
電ドラボール No.220USB-5(ビット5本付属)
http://www.vessel.co.jp/product/screwdriver/detail/148502

電動の最大トルクが2N・m、手動の耐久トルクが10N・m
と上記の条件をいい感じ対応しています。
※機器にラックマウントキットを装着するときは電動で、危機をラックにマウントするときは電動+手動という感じ。

充電もmicroUSBで充電できますし。

ただ、販売してからすごい人気のようで全然売ってないんですよね。


<関連記事>
ケージナット取り付け工具
http://networkerslog.blog137.fc2.com/blog-entry-393.html

スポンサーサイト

【2019/03/10 22:10】 | ネットワーク一般
トラックバック(0) |
備忘録。

QUICのClient HelloのServer Name Indicationを引っ掛けるフィルタ
例: https://www.hogehoge.com/ の場合

quic.tag.sni == "www.hogehoge.com"

ただ、QUICは今のところGoogleとChromeを使っている場合しか使われないかな??


とりあえず
ssl.handshake.extensions_server_name =="www.hogehoge.com" or quic.tag.sni == "www.hogehoge.com"
という表示フィルタにしておけばいい感じかな?




【2018/01/21 13:23】 | パケットキャプチャ
トラックバック(0) |
備忘録。

SSL/TLSのClient Helloのserver_nameを引っ掛けるフィルタ
例: https://www.hogehoge.com/ の場合

ssl.handshake.extensions_server_name == "www.hogehoge.com"



【2018/01/21 13:11】 | パケットキャプチャ
トラックバック(0) |
備忘録。

コマンドプロンプトのコマンドをよく使っていたけど、最近はnetshも通り越してPowerShellが推奨らしいので、
コマンドプロンプト、netsh、PowerShell
でやりたいことを実現するコマンドをまとめおく。

■ Interfaceの確認
コマンドプロンプト: ipconfig
             ipconfig /all
netsh         : netsh interface ipv4 show interface
             netsh interface ipv6 show interface
PowerShell     : powershell Get-NetIPInterface
             powershell Get-NetIPConfiguration
             powershell Get-NetIPAddress
            ※全部小文字でも可

■ ARP関連
<ARPテーブルの確認>

コマンドプロンプト: arp -a
netsh        : netsh interface ipv4 show neighbor
PowerShell    : powershell Get-NetNeighbor

<Static ARPの設定>
コマンドプロンプト: arp -s 192.0.2.1 00:11:22:33:44:55 192.168.1.1
            ※管理者権限が必要
            ※オプション確認:arp /?
            ※最後の192.268.1.1はStatic ARPを紐づけるインタフェースのIPアドレス
netsh        : netsh interface ipv4 set neighbors "IF name" 192.0.2.1 00-11-22-33-44-55
            ※管理者権限が必要
            ※オプション確認:netsh interface ipv4 set neighbors ?
            ※設定例
              netsh interface ipv4 set neighbors "Wi-Fi" 192.0.2.1 00:11:22:33:44:55
PowerShell    : powershell New-NetNeighbor -InterfaceIndex "IF index" -IPAddress 192.0.2.1 -LinkLayerAddress 00:11:22:33:44:55
            ※管理者権限が必要
            ※オプション確認:https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh826122.aspx
            ※設定例
              powershell New-NetNeighbor -InterfaceIndex 14 -IPAddress 192.0.2.1 -LinkLayerAddress 00:11:22:33:44:55


<Static ARPの削除>
コマンドプロンプト: arp -d 192.0.2.1
            ※管理者権限が必要
            ※オプション確認:arp /?
netsh        :netsh interface ipv4 delete neighbors "IF name" 192.0.2.1
            ※管理者権限が必要
            ※オプション確認:netsh interface ipv4 delete neighbors ?
            ※設定例
              netsh interface ipv4 delete neighbors "Wi-Fi" 192.0.2.1
PowerShell:   : powershell Remove-NetNeighbor -InterfaceIndex "IF index" -IPAddress 192.0.2.1
            ※管理者権限が必要
            ※オプション確認:https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh826149.aspx
            ※削除時に削除するか確認されます。
            ※設定例
              powershell Remove-NetNeighbor -InterfaceIndex 14 -IPAddress 192.0.2.1



■ ルーティング関連
<ルーティングテーブルの確認>

コマンドプロンプト: route print
netsh        : netsh interface ipv4 show route
PowerShell    : powershell Get-NetRoute

<ルートの設定>
コマンドプロンプト: route add -p 192.0.2.0 mask 255.255.255.0 192.168.1.1 if XX
           ※管理者権限が必要
           ※オプション確認:route /?
           ※"-p"は再起動してもエントリーを残す固定化のオプション
           ※192.168.1.1はゲートウェイのアドレス
           ※ifをしたいしないと指定したゲートウェイに最適なインタフェースが検索される。
           ※メトリックは1になる。
netsh       : netsh interface ipv4 set route 192.0.2.0/24 "IF name" 192.168.1.1
           ※管理者権限が必要
           ※オプション確認:netsh interface ipv4 set route ?
           ※デフォルトが固定化となっている。
           ※メトリックは"既定"になる。
           ※オプションを設定すれば期限を指定したルートや再起動時に消えるようにすることできる。
           ※設定例
             netsh interface ipv4 set route 192.0.2.0/24 "Wi-Fi" 192.168.1.1
PowerShell    : powershell New-NetRoute -DestinationPrefix 192.0.2.0/24 -InterfaceIndex "IF index" -NextHop 192.168.1.1
           ※管理者権限が必要
           ※オプション確認:https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh826148.aspx
           ※デフォルトが固定化となっている。
           ※メトリックは"既定"になる。
           ※設定例
             powershell new-netroute -destinationprefix 192.0.2.0/24 -interfaceindex 14 -nexthop 192.168.1.1

<ルートの削除>
コマンドプロンプト: route delete 192.0.2.0 mask 255.255.255.0
           ※管理者権限が必要
           ※オプション確認:route /?
netsh       : netsh interface ipv4 delete route 192.0.2.0/24 "IF name" 192.168.1.1
           ※管理者権限が必要
           ※オプション確認:netsh interface ipv4 delete route ?
           ※設定例
             netsh interface ipv4 delete route 192.0.2.0/24 "Wi-Fi" 192.168.1.1
PowerShell    : powershell Remove-NetRoute 192.0.2.0/24
             powershell Remove-NetRoute -NextHop 192.168.1.1
           ※管理者権限が必要
           ※オプション確認:https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh826124.aspx
           ※削除時に削除するか確認されます。
           ※設定例
             powershell remove-netroute 192.0.2.0/24
             powershell remove-netroute -nexthop 192.168.1.1



【2017/10/09 21:57】 | ネットワーク一般
トラックバック(0) |
備忘録。

現在接続しているESSID,BSSIDの接続状態の確認
netsh wlan show interfaces

ワイヤレス ネットワーク プロファイルの一覧と詳細
netsh wlan show profiles

表示可能なワイヤレスネットワークの電波状態を確認
netsh wlan show networks mode=bssid

ワイヤレス関連の全ての設定を表示
netsh wlan show all


【2016/10/17 00:07】 | ネットワーク一般
トラックバック(0) |
備忘録。

データセンターでマウント作業をしたことがある人なら一度は悩むというか手に傷を負った経験があるであろう
ケージナットの取り付け
についてです。
を流したことがある人も多いはずです。

そのケージナットの取り付けをやりやすくしてくれる工具が何個か存在します。
そのご紹介を。


河村電器 RP34T
http://www.kawamura.co.jp/catalog/index03.php?hinban=RP34T
摂津金属 NPO-CNT2T
https://www.settsu.co.jp/catalogs/sersrc/545

この2つは王道的な取り付け工具かと。
ただこの2つの工具はケージナットを取り付けようとすると落としてしまうこともあるかと思います。
そういうときは
ステンレス/生地 キャップボルト (半ねじ) M5×100 (2本)

といった長めのM5ネジで軽く引っかかる程度で締めておくとケージナットが落ちることもないと思います。


また、既にある程度マウントされている環境では、上か下に最低でも4,5U空いている環境でないと辛いのですが、その空間があるならこれは便利です。
ケージナットクリッパー 楽ackリッパー RCLP-1
http://www.shinohara-elec.co.jp/products/detail/prod_info.php?bun=30&bcat=555&ccat=818&prod=P82510
特に新規ラックで何もマウントされていない時は上で紹介している2つよりも段違いに早くケージナットを取り付けられます。
また外すときは磁石があるのでケージナットが落ちるということも防いでくれます。

こちらはネットワークエンジニアなら知らない人はいない秋葉原の
愛三電機
でも売っています。
http://www.aisan.co.jp/products/19inch_rack_nat_tool.html
※河村の「RP34T」も愛三電機では売っていたはず。


あと、"ねじる"取り付け工具もありますが、これはちょっと上手いことできませんでした。
楽ackリッパー も最低でも4,5Uが空いていないと厳しいのですが、その厳しい空間でねじるという行為が更にきついし、取り外しの際は工具の"穴"にケージナットをきちんと入れることが厳しかったです。


【2016/08/30 01:20】 | ネットワーク一般
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。