FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと前になりますが、3月22日に川口教授が監修となっている新しい本が出ています。

講談社ブルーバックス
小惑星探査機「はやぶさ」の超技術

http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=257722

発売日に購入したのですが、なんだかんだで通しで読めず最初の方の内容を若干忘れ気味なのですが、とりあえずざっくりと内容などを書いてみます。

ページ数的には前半4割ぐらいを川口教授が書いています。
ただこれまた今までの著書と違い はやぶさ 前史が比較的丁寧に書いてあると思います。
ロケットまつりに行かれている人はイメージとしてロケットまつり42で川口教授が話された内容(ひてんにエアロブレーキをさせるためにNECに無理を言ったとか)がコンパクトにまとまっている感じです。
また今まではあまり明確には書いていなかったですが、
H-IIAは2段式であるが故に惑星間軌道に乗せるのに適していない
と言ったことがきっちり書いてあります。
※これもロケットまつりでフォローしていましたが、H-IIAはそもそも地球低軌道や静止軌道の打上げに最適化されているのでそちらでは高効率であるが、設計の想定外である惑星間軌道への打上では効率が悪くなるのは致し方ないということです。

で、この本の本領は 後半 です。

川口教授があとがきで、
---------------------------------------------------------
この本は、これまでに出版された「はやぶさ」に関する本と違って、それぞれの分野を担当した方々が直接綴った探査機「はやぶさ」の技術の真髄の集大成です。
できごとを単に追うだけではなく、それらの個々の技術要素が、どのような発想で作られたのか、また設計されたのかが、他書に類を見ない精度、充実度で記述されています。

---------------------------------------------------------
と書いています。
読み終えて本当にその通りだと思いました。
たぶん、個々の技術については論文等で非常に詳細な話が出てくるのかも知れませんが、文系の人には少しばかりハードルは高いかも知れないがちょっと背伸びすればわかる程度の内容で且つ各分野を1冊の本にまとまっているのは今後もこの本以外、これ以上の本は出てこないと思います。
というか、これ以降の本を出す人はちょっとつらいのではないでしょうか???
※具体的にはある方なんですが。。。取材が多くてタイムリーに本を書く暇がなかったといっていたある方なんですが。。。
しかもJAXAの先生方だけでなくメーカーであるNECの皆さんにも書いて貰っていますので。。。


さて、時間を空けて読んでいるので印象に残った何点かご紹介。
・「イオンエンジンのニコイチ運転が地上で試せなかったのか?」という質問に対して「地上ではいろんな環境の問題があってニコイチ運転を試すのは難しい」という回答が返ってきますがその理由がわかります。

・実はNECの白川さんが真田さんだった感じがしてきます(私の勝手な主観です)。
 ※イオンエンジンニコイチには関係してないですが。

・ほんとうに「念のために」といろんな仕組みを組み込んでいたし、運用でもしていたということがわかります。
 ※今まで出ていない「念のために」という話がいっぱい載っています。

・ラストショットは8枚撮ったと言われていますが、8枚全てが載っています。
 そしてラストショットの最後のくだりが何か本当に泣けてきます。
 「川口教授の思いは はやぶさ に通じたんだな・・・。」
 と思わずぽろりと来ます。

・最後は悲運であった ミネルバ ですが、ミネルバからの写真があの はやぶさ の太陽電池パネルの
 ”1枚しかない”
 ということ自体がミネルバの自律性が証明されていたということ。

そしてこの本を読んでおくと
「はやぶさ2 でどういったことをしようとしているのか?」
ということを知る手がかりにもなると思います。


とりあえずこんなところで。

※別冊宝島 はやぶさの軌跡も途中までしか読んでないし、ニュートン別冊も読まないといけないし、國中教授の後半も書かないと、、、

スポンサーサイト

【2011/03/30 02:29】 | 宇宙開発
トラックバック(0) |
地震の関係でなかなか國中教授の続きを書けていないのですが、3月13日(日)に川崎市にあるKSP(神奈川サイエンスパーク)で開催された
平成22年度KASTフォーラム3 川口淳一郎 JAXA「はやぶさ」プロジェクトマネージャ特別講演会
に行ってきました。

やはり地震の関係で開催すべきか主催者であるKAST(神奈川科学技術アカデミー)も悩まれたようですが、現在の困難な状況で はやぶさプロジェクト も数々の困難を乗り越えてきたということもあり何か得られる物があるのではないかということで開催に踏みきったとのことです。ただ講演会の後に予定していた懇親会については少しでも明るいうちに帰れるようにということで中止になりました。

川口教授も
「引き受けてもいいのかとずいぶん迷いました。」
と言われておりました。

内容についてはちょっと時間が取れないので割愛します。

また質問コーナーではちょっとしたサプライズがあり はやぶさ のデータレコーダを担当された中の方(一応、予め公表されていないので伏せておきますがわかる人は調べれば直ぐわかるかと)
「データレコーダは最後まできちんと動いていましたか?」
と聞かれていました。それは気になりますよね!
で、川口教授は
「ラストショットを保存したメモリがどっちだったかは忘れてしまったが最後まできちんと動いていました。」
と言われていました!


とりあえず、今日はこの辺で。

次は國中教授の続きを書かねば。。。
こんな時だからこそ前向きなことを書かねばという思いはあるのですが。


【2011/03/15 01:35】 | 宇宙開発
|
かねてから講演を聞きたいと思っていた國中教授の講演ですが、3月4日に東京都小平市にある
職業能力開発総合大学校東京校 第15回ポリテックビジョン in 東京
「特別講演 はやぶさ探査機の地球/小惑星間往復航海」
にてされるというところでこれを逃すと当分聞けそうにないと思い、行ってきました。

で、とりあえずざっくりとした内容・感想などを。

・人工衛星が飛んでいるというのは文学的にはいいが、物理的には間違っている。物理的には落ち続けているというの正しい。

・慣性航行、惰性航行が人工衛星、人工惑星で、動力航行が宇宙船である。そして はやぶさ はイオンエンジンを使って動力航行をした宇宙船である。人工衛星とは全然ハードルの高さが違う。

・一番作ったイオンエンジンは1989年のY-1号機。効率が20%が消費電力が10000Vと全然モノにはならなかった。ただこれはアイディアをまずモノにしたモノだからそれはそれ。これを開発を続けて はやぶさ に載せたμ10エンジンは効率が80%で200Vと米ロのイオンエンジンと遜色なくなった。ただμ10エンジンは2001年とイオンエンジンの開発は一長一短でできるようなモノではなかった。アイディアを形にするには10年程度の期間が必要である。

・そしてイオンエンジンをはやぶさプロジェクトで使えるか!というところで今までそんなに大してお金がもらえていなかった(年百万規模の研究費)し、加速試験的な手法も当然できていない(初めてなんだし)こともあって担保できるモノは何もなかった。ただここで手を上げない限りこのマイクロ波放電式イオンエンジンが日の目を見ることはない。次のステップに進むにはお金は必要だ(衛星搭載機開発だと数億の予算になる)。
なので「五年後に使えるエンジンができるんですか?」という問いに対して
根拠はないけど
「できます。」
というしかない。
あったのは ハッタリ/ツッパリ のみ。

・イオンエンジンに求められた耐久性のは1台あたり1万4千時間。ただぴったりだと不安なので1万8千時間、2万時間の耐久試験をやろうと。しかし耐久試験をやるにしても加速試験の手法が確立していないのでそのままの時間経過で確認するしかない。1年は8700時間程度だから 2万時間は2年半 かかる。それを結局2回実施した(計5年)。

・他にもいろんな試験をしている。
  電波を使ってプラズマを作るので通信に使う電波に影響がでないか。
  イオンエンジンを探査機間近で動かして探査機に影響が出ないか。
  探査機ができあがったときに探査機の載せて直に点火試験をしている(End-to-End試験)。

・イオンエンジンの燃料であるキセノンを充填するのに80気圧ぐらいかけながら入れないといけないけど特殊な機械が必要でそれも自分たちで設計して作った。

・イオンエンジンはどういったものですか?ということについて原理を説明することはスライド一枚でできるが、
それを動かすためにはいろいろな機械、技術、試験方法がないとシステムとして動作しないということを理解して欲しい。

・期間の95%を動力航行をしないといけないという要求があった。しかし、運が悪いことに5ヶ月後に史上最大の太陽フレアを受けてしまう。それによって太陽電池の100Vぐらい出ていたのが 2,3V の低下がおきてしまった。爪に火をともすような運転をしないといけなかった。太陽から離れるにしたがって太陽電池パネルの発電量が徐々に下がり、それに併せてイオンエンジンの消費電力量も抑えていった。

・イトカワ近傍に到着し2005年8月27日にイオンエンジンを停止し、慣性飛行で近づいていく2週間が非常に楽しかった。
技術革新によって行けなかったところに行けるようになる、見えなかったことが初めて見えるようになる。
そういうことが実感できた2週間であった。

・國中教授は半分仕事が終わっているので気楽であったが、着陸を操作する人たちは詳細の図を見て愕然としていた。なぜなら、着陸できるようななだらかなところが窪地でそこに着陸しないといけない。しかも回転している小惑星に急降下して着陸しないといけない。

・通信不通からの復帰後の姿勢制御に中和器からのキセノン生ガス噴射を行ってみたらうまくいった。右の2つを噴射、左の2つを噴射、上の2つを噴射、下の2つを噴射という風におこなったらトルクを発生させることができた。
推進装置としては最低・最悪の性能で落第だが、イオンエンジンどうこうではなく はやぶさ を生かすための緊急避難的にこういった手法を用いた。


といったところで今日はこのくらいで。


【2011/03/06 22:41】 | 宇宙開発
|
twiiterで つぶやく のはなんかまだ慣れていないので今のところは基本的に見ているだけ(といっても朝夕ぐらいしか見ないし)なんですが、たまたま天文台マダムさんのつぶやきで
-------------------------------------------------
【拡散希望】ペルー、ワンカイヨの32m電波望遠鏡がついにファーストウェーブ受信に成功! (天体信号の受信画像あり!)HP更新!
-------------------------------------------------
との情報が!!
電波望遠鏡 だから ファーストライト ではなく ファーストウェーブ なんですね。

この "HP" というのがこちらのページとなります。
ペルーの電波望遠鏡を支援する会
http://www.peru32m-telescope.net/index.html

2007年の野辺山に行った時に
日本人って地球の反対側でゲリラにもへこたれずに頑張っているんだ
と感動して三鷹に行ったときなど募金をしていた(といっても2回だけなんですが。すみません)のですが、とうとうこの日が来たんですね。。。
※そういえば三鷹で一度Skypeで イシツカ・ホセ さんと話をしたことがあります。地球のほぼ反対側だから夜中だったんですよね。零下って言ってたな。。。
インカコーラ、懐かしいな。。。甘かったな~。

2回しか募金してない自分が言うのもなんですが、やっぱり定期的に継続していかなきゃいけないんだな~と思った次第です(そうしないと観測続けられないですし)。
で、とりあえず第一弾として振り込もうと上記ページの振込先をみたら”郵便振り込み”とのこと。。。
「そうだった、郵便振込だったからなんか敷居が高いな~」
と思っていた記憶が蘇ってきました(すみません、ほとんど金融機関の窓口に行かない(インターネットかATMで済んでしまう)、特に郵便局の窓口ってたぶん五年以上行っていない気が。。。)

※以下は振込の記載についてはとりあえず”エイヤー”で誰にも確認せずに勢いでやっているのでもしかしたら間違っているかも知れないので自己責任でお願いします。

ただふと思い浮かんだことが。
それは

郵便局って ゆうちょ銀行 にもなったからなんかうまいことできないかな?

ということ。
で、グーグル先生に尋ねたらどうやら(古い)郵便口座の番号を銀行の口座みたいな口座番号に変換?してくれるゆうちょ銀行内のページを発見した。とりあえずそちらに番号を入れて変換してみました。
こちらのがそのページです。
ゆうちょ銀行
振込用の店名・預金種目・口座番号のご案内

https://wwws.jp-bank.japanpost.jp/cgi-bin/kouza.cgi

変換した番号を使ってインターネットからゆうちょ銀行へ振込です。
口座名で ヲ → オ にしないといけないなど普段意識しないところで苦戦しましたが
何とか振り込めたと思います。たぶん。。。

もしうまく振込まれていたとしたら今後は少ない金額でも定期的に振込んでいきたいなと思った今日この頃です。


そして ペールの32m電波望遠鏡 を知るきっかけを作ってくれたのが 天文台マダム さんです。
天文台マダムさんのページはこちら。

天文台マダム日記
http://madam.atmark.gr.jp/

野辺山、三鷹の特別公開に行くには 必見 のページでもあります。
その他日記もそれはそれは面白いこと。なので、
周りに人がいないときに読みましょう!!
予測不可能なところに
いきなり吹いてしまう
記載がちりばめられています。



【2011/03/01 02:28】 | 宇宙開発
|
twitterで 「はやぶさ」式思考法P.29 末 の記載である

”最後の画像を伝送しながら「はやぶさ」は大気圏に突入し、燃え尽きたのです。”

が、ちょっと問題?話題?になっているようです。

実はあまり気にせずスルーしていました。
というのもたしか昨年11月の 東京大学駒場祭(もしくは慶應大学夕学五十講かな?) の講演だと思うのですが、
そこでは
「日陰に入り、電池もないのでその時点で はやぶさ は亡くなりました。
 大気圏再突入時の高熱に曝されているときには
  はやぶさ は既に亡くなっていたので
  はやぶさ は苦しまずにすんだと思います。」

というようなことを言っていた記憶があるんですよね。

で、記憶だと曖昧すぎるのでちょっと他の本を調べてみました。
そしたらちゃんとした情報がありました。
同じく川口教授が書いている 中央公論新社 の 「カラー版 小惑星探査機はやぶさ」 です。
こちらの P.152~P.156 の内容をまとめると
・P.154~155
  最後の撮影データを受信している最中の 22:27 に最終追跡局である内之浦のアンテナの視界から隠れた。
  そしてその消感の電波状態の図もある。
・P.152
  上の図 ”再突入五分前(高度600km。日陰に入る)”という記載あり。
  五分前ということは下の時間から逆算すると 22:46 ということになります。
・P.156
  再突入時は 22:51 との記載あり。

と具体的な図などで記載があるので事実はこちらなのかなと思います。

といってもなんで「はやぶさ」式思考法 でああいう記載になったのか?という説明にはならないのですが。
今回の本は若干精神論的なところがあるので省略しすぎてしまったんでしょうか??


追記。

「カラー版 小惑星探査機はやぶさ」 の P.165 には
「「はやぶさ」は、再突入の六分前に地球の陰に入っていた。
 「はやぶさ」はそこまでで機能を失っていたはずだった。
 再突入を苦しまなくてよかったかもしれない。」

といった記載もありますね。


【2011/02/27 01:51】 | 宇宙開発
|
「はやぶさ」式思考法 日本を復活させる24の提言 についての元記事は こちら

読むたびに何かしら気づかされることがあるのでなんだかんだで3,4巡ぐらい読んだと思います。
以前の二冊は はやぶさプロジェクト を知るという意味では分かり易い本ではあったと思いますが
この本は
自分の今後のあり方に影響がある本だった
と思います。
できれば 7,8年前にこの本に出会いたかったです。
(もし大学時代に出会えたらまた違った道を歩んでいた気もしますが)

そんな影響を受けた本ではあるのですが、3,4巡も読んでいると ちょっと捻くれたことふと 思ったりしてくるわけで。
それは言い方が悪いですが、
”実績が本の内容を物語っているとは言え、本当にプロジェクトにメンバー達に書いてあることを実践し、そして書いてあることが伝わっていたのか?”
ということです。

ロケットまつり常連の人、昔っから宇宙開発に深く興味を持っていた方、中の方などはあえて書くまでもない事なのかも知れません。
ただ私はそこまで古くから宇宙開発に深く興味を持っていたわけではないので、直近にはやぶさ関係のセミナーなどでメンバーの方々がお話しされていた川口教授に対する印象などを少ないながら書いておこうかと思います。
※一応、中の人系は名前はぼやかしておきます。が、見る人が見ると速攻わかると思いますが。

・ある准教授
「川口教授に何かについてできないというとできないことを証明しろといわれてしまう。それはもう悪魔の証明をしろということでしょう。。。」


・あるメーカーの方
「川口教授はPMという立場で本来はあまり実務はやらない立場だと思うけど自分自身で軌道計算とかしてしまうし、本当に細かいところまで<知っていて下手するとメーカーよりも知っていることがある。そのため川口教授の要望に応えていくのが大変だった。
先にも言ったが、本来は実務はしなくていい立場の人だけど心配になって自分で計算とかして確認してほしいことを帰る間際とか言われ「明日までにやっておいて」といわれることが何度かあった。

・あるお兄さん
上司(川口教授、國中教授)への圧倒的な信頼があった
この二人は絶対に優先順位を間違えなかった。
でも大変だったんです。金曜日の夜に会議に呼ばれて話し合いをして「じゃ、今週中にデータをくれ」って。それって土日しかないじゃん。orz
でもそれは我々を信用し、我々なら答えられるという強固な信頼関係ができていたから。
苦しい局面があったけど上司が絶対あきらめないし、絶対間違えないので安心して仕事ができた。」

・松浦さん
「M-3SII 8号機(川口教授はロケットと衛星のインタフェースを担当)の失敗について宇宙研報告書を川口教授が書かれています。こんな分厚い(10cm以上?)のを。あとでOBのどなたかから聞きましたが「あれが宇宙研の良心だ」と言わしめていた。」

本に書いてあること全てについて言及があったことを集められていませんが、少ないながらもこういった周りの人の声を聞くと
実際に川口教授と関わったことが無くても書いてあることが本当のこととして実感を持て、
よりこの本の書いてあることのそれぞれの言葉の重さが増した気がしました。


そういう意味で川口教授だけでなく他の関係者の講演に行っててよかったと思います。
できれば吉川准教授やNECの萩野PMの話も聞きに行きたいのですが、なかなか都合がつかないです。。。
國中教授の講演はやっと行けそうな感じですが。。

またメンバーからの話と言うことではないですが、川口教授がロケットまつりで話されていたことのエッセンスはほとんど本に書いてありますが、それでもその場で話しているときににじみ出る雰囲気を知っているとまたその重さが違って感じます。
※入っていないのはイカロス誕生の秘話ですかね?

”日本を復活させる24の提言”というサブタイトルは、何か経済政策的なことを書いているわけでもないので人によっては大げさに感じるかも知れません。
ただ
短期的なことではなく長期的なもっと根本的な個々人のマインドを変えていくという意味ではその名に恥じない内容
だったのではないでしょうか。


追記。

拍手を頂いたついでに「糸川教授と富士精密のやり取りを髣髴させますね」といったコメントも頂きました。
※拍手のコメントは非公開なのでお名前は伏せさせて頂きました。

そうなんですよね。 本の中にもある宇宙研の 「糸川文化」 の一端なのかも知れませんね。
川口教授とあるメーカーの方 との関係は特に 糸川教授垣見さん の関係に似ていると思っています。
某公共放送の番組のコメントを聞いて尚更そう思いました。

とあるお兄さん國中教授 はまさに 親方徒弟制 故かも知れませんね。
広報という点では的川先生とか寺薗さんが親方に当たるんでしょうか??

って、もうバレバレですよね。。。>あるお兄さん


【2011/02/21 01:18】 | 宇宙開発
|


ゆげ1号
個人的には、前の本はちょっと喰い足らなかったのですが、こっちは面白そうですな。

それにしても、今回の記事はすごいね。
あれだけ講演会やイベントに足を運んで、ちゃんと話を聴いてきてるからこそ、か。


見方の違い
ねっとわーかー
ちょっと宇宙開発故のところもあるかな?というところも少しあったりしますが、それがあっても気づかされることが本当に多かったです。

一応、今度の出版記念の講演会にも行こうと思っています。トラブルとか無ければ。。。

ちなみに先日あった知り合いが
「どうも全般的にいいこと言っているとは思うけどなんかしっくりこない」
と言っていました。
よくよく聞いてみると
”往生際を悪くしよう”
と言っているのに
”プロジェクト管理は妥協のかたまり”
と言ってみたりと。
まー、こまかくポイントだけかいつまめばそうなるかも知れませんが、結局のところやっぱり
”目的と手段を取り違えるな、本質を見極めろ”
と言うことなんですよね。
手段の完璧さを求めて目的を失してはいけないし、安易に目的をあきらめては掴める成果も(運も)掴めない。そういうことなんではないでしょうか。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。