FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
なんかいろんなことをあきらめるようになったのでさほど忙しくない年末を迎えています。

とりあえず今年を振りかえると
「人材育成って難しいな~」
っていうことと
「うちのグループは技術力だけでなくプロジェクトマネージメント能力も何でここまで落ちたの?」
ってことをになりますかね。

後者は分かる人には分かる話(会社の同僚に見られているのでw)ですが、マネージャー層のプロジェクトマネージメント能力が恐ろしいほど無いと思えてしまうんですよね。
少なくとも状況のヤバさとその時にかけなければいけないリソースの量が分かっているマネージャーが私が把握している限り 2人 しかいないし。
※ちなみに部門には6名マネージャーいます。
あとは 元請けもダメ下請けもダメ だとプロジェクトってここまで悪いところまでこないと問題が顕在化しないんだ、っていうのが実例として分かったのは自分としては
ある種の"尺度"や"経験"
になったかも(あ、まだ現在進行形なんですが)。
※ちなみに自分の立場は下請けの立場(且つモノだけ用意するだけで設計・構築には関係ない立場)です。

もっともヤバイ状況となったプロジェクトにおいて ”ある時点” まで行ってしまったときに
「このリソース・体制・工期まで増強すればこの状況を打開し乗り切れる!!」
っていうところまで
リソースの一点集中投入
をすることで一時期はヤバかったけど最終的にはやり遂げ且つ継続的なお客様からの信頼を維持できたというプロジェクトを直に見ているかいないかっていうのが大きいのかも知れませんが。

そして
「現状業務に関係ない担当の人間を火消しに入れるということは自分のプロジェクトマネージメント能力の無さと今まで部下の育成を怠っていたということを意味しているということを気付いてんの?」
っていうことをPMにいつか(プロジェクトのクロージングの時かな~)言わないといけないと思っている今日この頃です。
ちなみに今のPMは
”プロジェクトマネージャー
ではなく完全に
”プレイングマネージャー”
なんですよね~。
その場の課題を繕うことしか頭になくて工程全体を見れているように思えないし。
ちなみに^2 その前のPMはその当時のプロジェクトに入っていないけど傍目から見ていてただけですが
”○○くん、これどうなってんだ!!”
ってただ怒っているだけで大して指示も出しているようには見えなかったんですよね~。
PM(あ、プロジェクトマネージャーですよ、念のために)って
decision(判断、決定)、direction(指示、命令)
をすることが主な仕事だと思うのですがそれをしている雰囲気は無かったな~、と。
ま、怒鳴っている姿しか見えてなかっただけなんですが。本当はしていたかも知れませんが。

あとプロジェクトってフェーズ的に
最初最後
が特に重要だと思うのですが今回は最初の肝心要の 要件定義 が未だに出来ていないからここまで酷い状態になっているんですよね。で、そんな状況なのに元請けが要件定義をやらずにパラメータシートに取りかかろうと付け焼き刃の対応で乗り越えようとしている時点で終わっているんですけどね。。。


でもって、このダメダメな状況に本格的に放り込まれるのが
年明け
からなんで尚更年末という感じがしないです。
ということで
「ワークライフバランスって何ですか?年末年始休暇の半分を案件の技術基盤に追いつくための勉強と書籍購入を買わないといけなかったんですがどうしてくれるんですか?」
って恨み節も併せて言いたいかもw。


まー、誰に向けて書いているんだか分からないような記事ですが、年末にこんな愚痴の記事を見てしまった世の中の皆さんがこんなことに巻き込まれないことを祈りつつ、新年が幸多いことを願っております。

それではよいお年を。

追記。

年を越してしまっていますが、折角なので
ネットワーク設計に必要なこと
と思っていることも書いておきます。
※ネットワークに限らないと思いますが。
※本文の方もそこそこ追記しています。

当然、
経験
が必要ではあるのですが
センス
も必要かと。
そして
基礎知識への理解
も重要かと。
利用するプロトコル・規格・機能について
”何故、このプロトコル・規格・機能が出来たのか?”
ということを理解して設計をするか否かでは設計でカバーできている範囲が違うと思いますので。
※これがある意味”センス”なのかも知れませんが。

まー、結局行き着く姿はこちらになるのですが。。。
技術者としてのあるべき姿
http://networkerslog.blog137.fc2.com/blog-entry-111.html


スポンサーサイト




【2012/12/31 18:37】 | よろづ
トラックバック(0) |