FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
昨年に比べると仕事納め+1日はちょっと慌ただしかったのですが、その反動で何もやる気が起きない年末となっています。

今年1年を振り変えると、3月末の昨年度末ぐらいに
「何でおまえらそんなつまんないミス(結果的にはそもそもの設計)すんだよ! こっちはとんだとばっちりだよ!!」
※一番はそこのお客さんを担当していたSIerさんなんですが>とばっちり
という案件支援をすることになったり、
新年度からは、
”数年やってきたとある技術者育成プログラム”

”10数年やってきたとあるメーカーのパートナー業務”
をなんか知らないうちにやめることなったりと、なんというか、かなり誤用感がありますがロシアの諺にある
「魚は頭から腐る」
ってあるように、
”上が無茶言う且つ強烈だとここまでグデグデになってしまうの?”
って思ったりしました。
ちなみに上の諺の本来の意味は
「魚が頭から腐るように、組織の腐敗は、まずその上層部から始まり、しだいに下層部へと広がっていく。」
です。別に腐敗したわけではないですが。。。
いえ、上の人が言っていることは、短期的に経営層の考えだと間違っているとは思いませんが、中長期を考えると
縮小均衡
になるだけで
絶対取り返しが付かないレベルのじり貧になると思うのですが。。。
というような1年でした。

と、まあ、色々あったわけですが、昨年から書いているように
人材育成
という点では、上の昨年度末の話で書いている件で感じたのですが、なんというか、
「うちのグループ、コアのところでかなり基本的なことが抜け落ちている、そしてそれを設計段階だけでなく、導入、運用の各段階において誰も気付かない、トラブルが起きて初めて気付くというのはかなりマズイんじゃない?」
っていう感が。。。
仔細は書けないのですが、それ、普通気付くんじゃない?ってところでえらい凡ミス(だけど影響甚大)だったんですよね。。。全体を見ていない(というか全体を見るという意識がない?)からかもしれませんが。。。
組織人としてはもしかしたら正しい姿とも言えますが、技術者としてはどうかと。。。

また、今年度入ってからの話としてはプロジェクトマネジメントにおいて
「ステークホルダーマネジメントがグテグデだと味方になる人も力になってくれないだけでなく逆に抵抗勢力になっちゃう」
という実例を見ていて
反面教師にしないといけないな~
と思った次第です。
※上の人が強烈すぎたという面があるのは端から見ていても分かるのですが。。。それ故に味方にできる人は味方に付けないと、と思うのですが。。。

まあ、周りが色々と抗えないことになっている感があるのですが、自分自身ができることというところで昨年書いた
山本五十六元帥の有名なことばの

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。


というのは、意識的に実践してなるべく仕向けるようにして任せるように努めてきたので半分ぐらいはできたかな?と。
残り半分は、どう考えてもプロジェクトの工期的に手遅れになりそうになってしまったので直接介入してしまった、と。。。
この点はもうちょっと早い段階での
動機付けと着地点
といったところを共有しないといけないな、とも思いました。

なんとか今年度中に自分の持っているノウハウを少しでも周りにトランスファーしたいな、できるだけ本質的なところを重点に。やっぱり本質的、根源的なところが身につくと応用が利くので。
色々周りに思うところはありますが、やっぱり今の部署の血脈はどうにか残したいとは思いますので。。。
はぁ~、やっぱりなんだかな~っていう思いが残りますね。本当にね。。。
忸怩たる思いがありますね。。。

と、まあ、そんなこんなであまりいい感じの一年ではなかったのですが、来年も組織的な話だけでなく、個人的にもそろそろ違う環境に行きたいな、という思いもあったりするので結構大きな動きがある気がしています。

と、一昨年、昨年以上にまとまりがない書きっぷりになってしまっていますが、こんな記事を見てしまった人に新年が幸多いことを願っております。

それではよいお年を。


スポンサーサイト




【2014/12/31 20:36】 | よろづ
トラックバック(0) |


ゆげ1号
忸怩たる思いの根っこ、多分次の場所に行かないと本当の根っこは見えてこないと思うよ。
その渦中から離れないとわからない事って、やっぱりあるんだなぁといまさらながら異動先で感じてる今日この頃です。
ということで今年もよろしく。


ねっとわーかー
次のところに無事行ければいいんですが、、、

しかし、うちの担当、無くすの惜しいし、無くすの簡単だけど、また必要となったときには今の時代の流れだと復活・立ち上げるのには本当に手遅れだと思うんですけどね。。。

もう少し附帯業務においても中長期の戦略は立たないもんなんでしょうか。
まぁ~、附帯ですから仕方がないのかもしれませんが。。。




コメントを閉じる▲