FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
ちょっと前にニュースにでていましたが、はやぶさ プロジェクトが実写映画化されるようですね。

小惑星探査機 はやぶさ -遙かなる帰還-(仮題)
http://www.toei.co.jp/movie/details/1194477_951.html

う~ん、あのメンバーの7年間の運用経験やそれまでの経験からの思いをうまく演じられるのでしょうかね??
なまじ ロケットまつり なんかではやぶさ前夜の話を聞いていてそれがあるからあそこまで粘ったんだなど知っていると尚更そう思ってしまうのですが。

”プロジェクトチームとその家族を中心に描く人間ドラマ”とありますが。
特定の家族だけではないのかも知れませんが、川口教授とか國中教授とかですかね??
それとも 宇宙の電池屋 こと 曽根准教授 ですかね。

そんな曽我さんは非常に文才豊かな方で結構メルマガなどに記事を書かれています。
面白いといってしまっては失礼かも知れませんが、非常に楽しんで読めますす、示唆に富んだ内容でもあります。

【宇宙の電池屋シリーズ】
曽根 理嗣
http://www.isas.jaxa.jp/j/mailmaga/backnumber/50on.shtml#sone

ISASメールマガジン 第010号【 発行日- 04.11.09】
宇宙の電池屋
http://www.isas.jaxa.jp/j/mailmaga/backnumber/2004/back010.shtml
ISASメールマガジン 第056号【 発行日- 05.09.27 】
東奔西走
http://www.isas.jaxa.jp/j/mailmaga/backnumber/2005/back056.shtml
ISASメールマガジン 第085号【 発行日- 06.04.25 】
宇宙の電池屋 右往左往
http://www.isas.jaxa.jp/j/mailmaga/backnumber/2006/back085.shtml
ISASメールマガジン 第125号【 発行日- 07.02.06 】
そして、SOLAR-Bは「ひので」になった
http://www.isas.jaxa.jp/j/mailmaga/backnumber/2007/back125.shtml
ISASメールマガジン 第163号【 発行日- 07.10.30 】
宇宙の電池屋、右往左往(その2)
http://www.isas.jaxa.jp/j/mailmaga/backnumber/2007/back163.shtml
ISASメールマガジン 第171号【 発行日- 07.12.25 】
宇宙教室体験談
http://www.isas.jaxa.jp/j/mailmaga/backnumber/2007/back171.shtml
ISASメールマガジン 第184号【 発行日- 08.03.25 】
宇宙の電池屋 ~作文で賞状~
http://www.isas.jaxa.jp/j/mailmaga/backnumber/2008/back184.shtml
ISASメールマガジン 第233号【 発行日- 09.03.10 】
宇宙の電池屋ー走るー
http://www.isas.jaxa.jp/j/mailmaga/backnumber/2009/back233.shtml
ISASメールマガジン 第259号【 発行日- 09.09.08 】
宇宙の電池屋 ー読書感想文ー
http://www.isas.jaxa.jp/j/mailmaga/backnumber/2009/back259.shtml
ISASメールマガジン 第302号【 発行日- 10.07.06 】
宇宙の電池屋 ~方探班の一隊員として(完)~
http://www.isas.jaxa.jp/j/mailmaga/backnumber/2010/back302.shtml


【はやぶさ方探班シリーズ】
出立前のメッセージ
http://hayabusa.jaxa.jp/message/message_022.html
出立
http://hayabusa.jaxa.jp/message/message_030.html
~道~
http://hayabusa.jaxa.jp/message/message_041.html
~方探班の一隊員として(完)~
http://www.isas.jaxa.jp/j/mailmaga/backnumber/2010/back302.shtml


実際、9月11日の八王子の講演会で話を聞いてきましたが、文面通りの
穏やかではあるけど凄い熱い物を持っている
という印象の方でした。
あの講演会は はやぶさ のtwitterの中の人でもある IES兄さん とかイオンエンジンの説明なんかで来てましたし、方探班(方向探知班)の現地での活動の話など本当に面白かったです。
※相模原の特別公開時に方探班の説明しているときの応対でも感じていましたが。

追記。

宇宙の電池屋シリーズの最新記事が出ていました。

ISASメールマガジン 第334号【 発行日- 11.02.15 】
宇宙の電池屋 -エネルギー充填、120%-
http://www.isas.jaxa.jp/j/mailmaga/backnumber/2011/back334.shtml


関連記事

【2011/01/22 21:55】 | 宇宙開発
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可