FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録。

Catalystスイッチのパスワードリカバリー

元は こちら のページ。

Catalyst 3750 スイッチソフトウェアコンフィギュレーション ガイド
Catalyst 3750 Switch Software Configuration Guide
Cisco IOS Release 12.2(52)SE

http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/service/manual_j/sw/cat37/3750sscg_s8/OL-8550-08-J.pdf



第 49 章 トラブルシューティング
パスワードを忘れた場合の回復


ステップ1
端末エミュレーション ソフトウェアが稼動している端末または PC をスイッチのコンソール ポートに接続します。スイッチ スタックに対してパスワードを回復する場合は、スタック マスターのコンソール ポートに接続します。

ステップ2
エミュレーション ソフトウェアの回線速度を 9600 ボーに設定します。

ステップ3
スタンドアロン スイッチまたはスイッチ スタック全体の電源を切断します。

ステップ4
電源コードをスタンドアロン スイッチまたはスタック マスターに再接続します。その後 15 秒以内に、
[Mode] ボタン
を押します。
このときシステム LED はグリーンに点滅しています。
システム LED が一瞬オレンジに点灯してからグリーンになるまで [Mode] ボタンを押したままにしてください。
グリーンになったら [Mode] ボタンを離します。
ソフトウェアについての情報および指示が数行表示され、パスワード回復手順がディセーブルであるかどうかが示されます。
• 次の内容で始まるメッセージが表示された場合
The system has been interrupted prior to initializing the flash file system.
The following commands will initialize the flash file system
「パスワード回復がイネーブルになっている場合の手順」(P.49-5)に進んで、その手順に従います。
• 次の内容で始まるメッセージが表示された場合
The password-recovery mechanism has been triggered, but is currently disabled.
「パスワード回復がディセーブルになっている場合の手順」(P.49-6)に進んで、その手順に従います。

ステップ5
パスワードが回復したら、スタンドアロン スイッチまたはスタック マスターをリロードします。
---------------------------------
Switch> reload
slot 'stack-master-member-number'
Proceed with reload?[confirm] y
---------------------------------

ステップ6
スイッチ スタックの残りのメンバーの電源をオンにします。



パスワード回復がイネーブルになっている場合の手順
パスワード回復メカニズムがイネーブルになっている場合は、次のメッセージが表示されます。

---------------------------------
The system has been interrupted prior to initializing the flash file system. The following
commands will initialize the flash file system, and finish loading the operating system
software:

flash_init
load_helper
boot


---------------------------------

ステップ1
フラッシュ ファイル システムを初期化します。
---------------------------------
switch: flash_init
---------------------------------


ステップ2
コンソール ポートの速度を 9600 以外に設定していた場合、9600 にリセットされます。エミュレーション ソフトウェアの回線速度をスイッチのコンソール ポートに合せて変更します。

ステップ3
ヘルパー ファイルがある場合にはロードします。
---------------------------------
switch: load_helper
---------------------------------

ステップ4
フラッシュ メモリの内容を表示します。
---------------------------------
switch: dir flash:
---------------------------------
スイッチのファイル システムが表示されます。
---------------------------------
Directory of flash:
13 drwx 192 Mar 01 1993 22:30:48 switch_image
11 -rwx 5825 Mar 01 1993 22:31:59 config.text
18 -rwx 720 Mar 01 1993 02:21:30 vlan.dat
16128000 bytes total (10003456 bytes free)
---------------------------------

ステップ5
コンフィギュレーション ファイルの名前を config.text.old に変更します。
このファイルには、パスワード定義が収められています。
---------------------------------
switch: rename flash:config.text flash:config.text.old
---------------------------------

ステップ6
システムを起動します。
---------------------------------
switch: boot
---------------------------------
セットアップ プログラムを起動するように求められます。プロンプトに N を入力します。
---------------------------------
Continue with the configuration dialog? [yes/no]: n
---------------------------------

ステップ7
スイッチ プロンプトで、特権 EXEC モードを開始します。
---------------------------------
Switch> enable
---------------------------------

ステップ8
コンフィギュレーション ファイルを元の名前に戻します。
---------------------------------
Switch# rename flash:config.text.old flash:config.text
---------------------------------
(注)
接続されたすべてのスタック メンバーの電源をオンにし、完全に初期化されるまで待機してから、ステップ 9 に進んでください。
このステップに従わなかった場合は、スイッチの設定によっては設定を失う可能性もあります。


ステップ9
コンフィギュレーション ファイルをメモリにコピーします。
---------------------------------
Switch# copy flash:config.text system:running-config
Source filename [config.text]?
Destination filename [running-config]?
---------------------------------
確認を求めるプロンプトに、Return キー を押して応答します。
これで、コンフィギュレーション ファイルがリロードされ、パスワードを変更できます。

ステップ10
グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。
---------------------------------
Switch# configure terminal
---------------------------------

ステップ11
パスワードを変更します。
---------------------------------
Switch (config)# enable secret 'password'
---------------------------------
シークレット パスワードは 1 ~ 25 文字の英数字です。数字で始めることができます。大文字と小文字が区別され、スペースを使用できますが、先行スペースは無視されます。

ステップ12
特権 EXEC モードに戻ります。
---------------------------------
Switch (config)# exit
Switch#
---------------------------------

ステップ13
実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに書き込みます。
---------------------------------
Switch# copy running-config startup-config
---------------------------------
新しいパスワードがスタートアップ コンフィギュレーションに組み込まれました。
(注) 上記の手順を実行すると、SVI がシャットダウン ステートになることがあります。
このステートになっているインターフェイスを調べるには、show running-config 特権 EXEC コマンドを入力します。インターフェイスを再びイネーブルにするには、interface vlan 'vlan-id' グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力して、シャットダウン インターフェイスの VLAN ID を指定します。スイッチがインターフェイス コンフィギュレーション モードの状態で、no shutdown コマンドを入力します。

ステップ14
スイッチまたはスイッチ スタックをリロードします。
---------------------------------
Switch# reload
---------------------------------

関連記事

【2011/02/20 20:50】 | 初期設定関係
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。