FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録。

ちょっと前の話になりますが、IOS 12.2(55)SE から 制約があります が Catalyst 2960 及び 2960-S の LAN BASE機器 にて IPルーティング がサポートされました。
※LAN Lite機器は対象外です。
※ちなみにLAN Lite→LAN BASEというようなライセンス等の追加でのアップグレードパスは用意されていません。
※厳密に言うとCatalyst2975のLAN BASEも対象のようですが、EoSが出てしまいましたので。

Catalyst 2960 及び 2960-S で IPルーティングがサポート開始
https://supportforums.cisco.com/docs/DOC-15456
Cisco IOS Software Release 12.2(55)SE for Cisco Catalyst 3750-X, 3560-X, 3750-E, 3560-E, 3750, 3560, 2975, 2960, and 2960-S Series Switches; Cisco Catalyst 3750V2 and 3560V2 Switches; Cisco Industrial Ethernet 3000 Series Switches; and Cisco Catalyst Blade Switch 3000 and 3100 Platforms
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/iosswrel/ps8802/ps6969/ps5012/product_bulletin_c25-614546_ps6406_Products_Bulletin.html
---------------------------------------------------------
• Support for 16 static IPv4 routes in LAN Base (2960, 2975, and 2960-S only): With the new LAN Base Routing SDM template, support is added for up to 16 user-configurable static IPv4 routes, in addition to directly connected routes and any default routes for the management interface. Static routing is supported only on SVIs. Router access control lists (RACLs) can be configured in conjunction with static routing as well.
---------------------------------------------------------

ただ かなり制約 があります。
できることは
・Static Routeのみ
・設定できるルート数はDefault Routeを含めた16ルートまで

だけです。
※SVIの設定上限数についてちょっと載ってなさそうです。

また特に重要なのが事前に
SDM Template を変更する(sdm prefer lanbase-routing)必要がある
ということです。
これはCatalyst3560/3750などで PBR を設定するときにも必要ですが、TCAMの割り当て変更が必要になるので
再起動
が伴います。
※SDM Template はコンフィグに出てこないので厄介なんですよね。。。
<関連記事>
Box型L3SWでPBRを使用する際の留意事項

詳細の手順などは以下の資料に記載がありますので参照して下さい。
Catalyst 2960 および 2960-S スイッチソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
Cisco IOS Release 12.2(55)SE
P.847
CHAPTER 34
スタティック IP ユニキャスト ルーティングの設定
http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/service/manual_j/sw/cat29/2960cgi55/OL-8603-09-J.pdf

今回のことに限らず
SDM Template を変更した際は筐体にテプラで SDM Template の状態を記載しておく
などしておいた方がいいと思います。
理由は FlexStack を組むときに同じ SDM Template にしていないと Stack が組めません
これは Catalyst3750シリーズの StackWise(Plus) も同じです。
ですから SDM Template を変更した際はこういうテプラなどがないと故障交換など SDM Template を変更せずに Stack を組んでしまい ”SDM Mismatch ”のログが出てしまい焦りますので。。。

追記。

>※SVIの設定上限数についてちょっと載ってなさそうです。
と書きましたが、コンフィギュレーションガイドに記載がありました。
SVIは 16インタフェース までです。


Catalyst 2960 および 2960-S スイッチソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
Cisco IOS Release 12.2(55)SE
P.384
CHAPTER 12
レイヤ 3 SVI の設定
http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/service/manual_j/sw/cat29/2960cgi55/OL-8603-09-J.pdf

関連記事

【2011/05/10 00:27】 | IOS・設定関連
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。