FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録。

意外に知られていないことかと思いますが、
Cat3560EとCat3560XのIOSは同じ、Cat3750EとCat3750XのIOSは同じ
です。
なのでIOSファイル名もCat3560XのIOSでも ”~3560e~”や”~3750e~”となります。
一番最初は一瞬「間違っていないか!?」ってびびったものです。

もともとCat3560E/3750Eの時点でライセンスでのIOSの機能制限をしていましたし、10Gbps対応もしていたので大きなアーキテクチャの変更は無かったのでしょう。
※Cat3750XではStackWise機能もCat3750Eと同じ StackWise Plus ですし。


逆にCat2960とCat2960SはIOSが違います。
Cat2960Sでは
・ライセンスでのIOS機能制限
・FlexStackが追加
・10Gbps対応もラインナップされている
といった旧来のCat2960にはない大幅な機能拡張がされているためでしょう。

関連記事

【2011/06/18 23:25】 | IOS・設定関連
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。