FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
備忘録。

Galaxy TabとiPad2とのAnyConnectクライアントソフトを比較するためにスクリーンショットの方法を調べていたらGalaxy Tab(というかGalaxy系?)でスクリーンショットを撮るのは他のAndroid端末でやる方法より楽に撮れました。
※普通のAndroid端末は Android SDK をPCにインストールしてUSBをデバックモードのしたりしないといけないようです。

で、 Galaxy Tab でスクリーンショットを撮る方法は
「戻る」キーを押しつつ、電源ボタンを押す
です。
撮ったスクリーンショットはPCとUSBで接続し、Galaxy Tab 内の
コンピューター\SC-01C\Phone\ScreenCapture
のフォルダに .pngファイル で保存されています。

ちなみに iPad2(というかiOSで) でスクリーンショットを撮る方法は
「ホーム」ボタンを押しつつ、電源ボタンを押す
です。
撮ったスクリーンショットはPCとUSBで接続し、iPad2 内の
コンピューター\<ユーザ名> の iPad2\Internal Storage\DCIM\800AAAAA
のフォルダに .pngファイル で保存されています。
※フォルダパスはWindows7以外では"コンピューター"ではなく違う名前かも知れません。

以下はAnyConnectでASAに接続した時のそれぞれのスクリーンショットです。

  Galaxy TabでのAnyConnect接続時       iPad2でのAnyConnect接続時     iPod TouchでのAnyConnect接続時
Galaxy Tabの画面    iPad2の画面      iPod Touchの画面



追記。

あんまり関係ないですが、AnyConnectとは関係ないのですが、Galaxy TabのAnyConnectで
「Statistics」「Troubleshoot」「System」を辿ると
「Interface Information」や「Route Information」
をいう項目があるのですが、それをみるとspモードで利用しているIPアドレスは
10.台のprivate IP address
でした。

Galaxy TabでのAnyConnect接続時インタフェース情報等

ということは spモード では LSN(Large Scale NAT) を使っているみたいですね。

関連記事

【2011/07/07 01:14】 | モバイル
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可