FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
備忘録。

一応、関連記事は
こちら(外部冗長化電源装置(RPS,XPS))

こちら(StackPowerについてふと思ったこと)

なんか最近電源周りのことを考えているのですが、
「XPS2200の使い道ってPoE使うときぐらいだよな~」
と前から漠然と考えていたのですが、前のエントリーを書いているときにちょっとまじめに考えてみました。

Catalsyt3560-X/3750-Xでは WS-C3750X-48PF-S とWS-C3560X-48PF-S など末尾が
”PF-S”といった型番が PoE+ に全ポート対応しています。
ただ
電源容量的にはどうなのよ?
となるとやっぱりデフォルトの搭載している電源ユニットでは全ポート給電ができる分だけの電源容量はないわけです。
例えば WS-C3750X-48PF-S は C3KX-PWR-1100WAC を 1個 搭載していますが、PoE給電分に回せるのは
800W
になります(前のエントリーのAvailable PoE Powerを参照)。これをPoE+の最大供給電力である 30W で割ると
800W÷30W=26.6666...
PoE+デバイス26台分 しかつなげないことになります。
そうなると追加の電源ユニットが必要になります。そのことが
Table 8. Power Supply Requirements for PoE and PoE+
に書いてある組み合わせなんだと思います。

ではそもそも48ポート全てを PoE+デバイス で使用とした場合、どの程度の給電能力が必要なのか?というと
48ポート×30W=1,440W
となります。
800W分はデフォルト搭載の C3KX-PWR-1100WAC で賄えますので
1,440W-800W=640W
と 640W 分を賄える電源ユニットを追加搭載するといいということになりと思いますので上でも書いている
Table 8. Power Supply Requirements for PoE and PoE+
にあるとおり、C3KX-PWR-1100WAC もしくは C3KX-PWR-715WAC を追加搭載することで 48ポートを Full PoE+ として使えることになると思います。

そうなるとPoE+の為だけに両方の電源ユニットを使用することになり、電源ユニットが冗長化として使えていないことになります。
このような構成でも電源の冗長化を図りたい!
という時に
XPS2200(C3KX-PWR-1100WAC)
という構成が生きてくるのではないのか?と思った次第です。


<ちょっと疑問>
WS-C3750X-48PF-LはStackPowerを使うにはLtoSライセンスのアップグレードが必要、要はStackPowerを使うにはIP Baseライセンス以上が必要、そのため今回のエントリーの趣旨とちょっとずれそうなので置いときます。
ただ単なるバックアップ電源としてXPS2200を使う場合はどうなんだろう? StackPowerに対応してないCatalyst3560-Xはどうするの?という疑問もあったりはするのですが。

その辺の解が実は
電源ケーブルにあるのかな?
と思っていたりします。
ケーブルが
CAB-SPWR-XXCM のときはStackPowerとして動作する、
CAB-XPS-XXCM のときは単なるバックアップ電源として動作する、
とケーブルで動作を切替えているのかな?などなど。。。

あとXPS2200もRPS2300と同じように同時に給電できるのは2台までで1つの電源ユニットが1つのスイッチに接続されるという動作のようです。
Table 26. Cisco XPS 2200 connectors and cabling
Power Connectors

-----------------------------------------------
Customers can provide power to a XPS-2200 by using either the internal power supply or via one or more 3750-X/3560-X Switches. The connectors are located at the back of the switch. (9 StackPower/XPS ports and up to two AC Power Inlet Connections)
-----------------------------------------------
なので2台同時にバックアップしたいときは2つ電源ユニットが必要ということになります。


うん?ここな辺の制約をクリアするのが StackPower ということなのかな?
もちっとちゃんと調べてみよう。。。


なんか最初の勢いが消えて最後の方はまとまりのないエントリーになってしまったけど、ま、一応、備忘録ということだからいいや。


関連記事

【2011/09/04 21:53】 | Cisco
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可