FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録。

使用したいAPが使用予定のWLCのOSで動作するか?というとことはリリースノートの
Software Release Support for Access Points
というところを見れば書いてあります。

例として2011年10月26日段階の最新のSoftware Release 7.0.220.0 のリンクです。
Release Notes for Cisco Wireless LAN Controllers and Lightweight Access Points for Release 7.0.220.0
Software Release Support for Access Points

http://www.cisco.com/en/US/docs/wireless/controller/release/notes/crn7_0_220_0.html#wp784295

例えば何となく形もスペックも似てそうな AIR-LAP1141NAIR-LAP1041N ですが、 AIR-LAP1141N は 5.2.157.0 からサポートされていますが AIR-LAP1041N は 7.0.98.0 からのサポートとOSの世代差がかなりあります。
※OSもSMARTnetでSASUが必要になります。SASでは対応できないです。

SAS/SASUについての説明はこちら。
シスコ テクニカル サポート サービス
SAS/SASU

http://www.cisco.com/web/JP/services/portfolio/tss/sas_sasu.html

ということで既存のWLC/WiSMなどのコントローラがある環境に新しいLAPを使いたい、という場合は往々にしてOSのバージョンアップが必要になります。
※昔はコントローラのOSバージョンを上げた後、併せてAPのバージョンアップも自動的にすることになるのですが、そのAPのバージョンアップは4台ずつという制約がありましたがあるバージョンからそういう制約は無くなったと思います、たしか。。。
とりあえず5508は無かったと思います。


<参考情報>
Aironet1140シリーズとAironet1040シリーズの違い
http://networkerslog.blog137.fc2.com/blog-entry-145.html

WCSとWLCのOSバージョンの関連性
http://networkerslog.blog137.fc2.com/blog-entry-147.html

関連記事

【2011/10/26 23:07】 | ツール・サポート情報
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。