FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
備忘録。

WLC2100のEoS/EoLを見ているときに Cisco Wireless LAN Solution カタログ というのを見つけたのですがそこに
Cisco Aironet 3600 シリーズ
の記載がありました。
※通常の製品説明のページのラインナップにはないのですが。。。

Cisco Wireless LAN Solution カタログ
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/wireless/prodlit/pdf/0562_WLAN_Catalog.pdf

シスコとしてはデータレートがはじめて450Mbps製品となるようです。
基本的には CleanAir 対応のAirnet 3500 シリーズが 4×4 MIMO 対応となったという感じのようです。


ちなみにちゃんと米国の方にはページがありました(当たり前ですが)。
Cisco Aironet 3600 Series
http://www.cisco.com/en/US/products/ps11983/index.html

こちらのAPはちょっとWLCのOSは微妙なリリースからサポートされています。 番号的に一番進んでいるリリースは 7.1.220.0 になりますが Aironet 3600 シリーズをサポートしているのはリリース日時的には最新となる
7.1.91.0
でサポートされています(そして現在はこのOSのみのサポートです)。
Release Notes for Cisco Wireless LAN Controllers and Lightweight Access Points for Release 7.1.91.0
Software Release Support for Access Points

http://www.cisco.com/en/US/docs/wireless/controller/release/notes/crn7_1_91_0.html#wp784295
※7.0.220.0を7.1.220.0と勘違いしていました。7.1.91.0が番号的、日時的にも最新のリリースです。

このリリースノートの冒頭に

These release notes describe open and resolved caveats for release 7.1.91.0 for Cisco 2500, 5500, WiSM2, WLCM2, and Cisco Flex 7500 Series Wireless LAN Controllers. 7.1.91.0 is a special release to introduce the Cisco Aironet 3600 Access Points. Ongoing support for this release will not be provided and is not supported in any other 7.0 maintenance release.

The release 7.1.91.0 for the AP-3600 is a restricted lifetime release, with no planned maintenance images. For future fix and feature development, customers are encouraged to migrate to next major release for ongoing support and improvements.


とありますとおり 7.1.91.0 は Aironet 3600 用のリリースとのことです。


追記。

一応、書き方が曖昧だったので。
12月18日現在、Aironet 3600 シリーズをサポートしているWLCのOSは 7.1.91.0 のみです。


関連記事

【2011/12/17 18:36】 | 新製品
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可