FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録。

【Cat6500】

基本以下のページに書いてあります。

Catalyst 6500 Ethernet Module Installation Guide
Ethernet Switching Modules

http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/lan/catalyst6500/hardware/Module_Installation/Mod_Install_Guide/02ethern.html#wp1041175

このページの各ラインカードのセクションで ”Fabric connection” というところがありますのでそこを見るとどのポートがどのチップに収容されているのかがわかります。

結構意外な収容構成になっていたりしますのでCat65のラインカードを使うときは一読しておいた方がいいと思います。

【Cat4500】
。。。えー、Cat4500はほとんど使わないのであまり把握していないです。昔は 1スロットあたり1Gbps×6本 の内部バスであったということ、同じ1Gbpsに収容されているポート間の通信は半分になってしまうというぐらいしか知りません。Sup6になってからかなり改善されていると思うのですが物理的なSupとLinecardの接続は変わっていないので ”1スロットあたり○Gbps×6本” というところは変わっていないのではないでしょうか。

省電力という意味ではCat6500よりチップの点数も少ないので優れていますがあまり使うことはないです>Cat4500シリーズ

関連記事

【2010/11/17 21:59】 | Cisco
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。