FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録。

ボックス型Catalystスイッチで初めてNetFlowに対応した C3KX-SM-10G を使う上でちょこちょこ注意点があります。

まずIOSは
15.0(1)SE※追記参照
以上にするだけでなく
SM用のOS
をダウンロード&インストールする必要があります。
例えば現在最新のIOSバージョンは 15.0(1)SE2 になるのですがその場合は
c3560e-universalk9-mz.150-1.SE2.bin もしくは c3560e-universalk9-tar.150-1.SE2.tar
c3kx-sm10g-tar.150-1.SE2.tar
という組み合わせになります。

Step 1 Go to this URL and log in:
http://www.cisco.com/cisco/web/download/index.html
Step 2 Navigate to Switches > LAN Switches - Access
Step 3 Navigate to the Catalyst 3750-X or 3560-X switch page.
Step 4 Click IOS Software, and select the latest network services module release.


またIOSのライセンスは
IP BASE以上
にする必要がありますのでLAN BASEでは動きません。
※一応バージョンが古かったり、ライセンスがLAN BASEだったらsyslogメッセージを出力してくれるようです。

Release Notes for Catalyst 3750-X, 3750-E, 3560-X, and 3560-E Switches, Cisco IOS Release 15.0(1)SE and Later
Catalyst 3750-X and 3560-X Network Services Module Software

http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/lan/catalyst3750x_3560x/software/release/15.0_1_se/release/notes/OL25302.html#wpxref68258


また困ったことに
C3KX-SM-10G をサポートしていないハードウェアリビジョン
が存在します。
Cisco Catalyst 3K-X Service Module: Enabling Flexible NetFlow in the Access
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/switches/ps5718/ps10745/white_paper_c11-691508_ps10744_Products_White_Paper.html#wp9000058

The C3KX 10GE service module requires a Cisco Catalyst 3560-X or 3750-X switch with minimum version ID (VID) 02 or minimum H/W revision 0x03. The VID is visible on the label printed on the top cover of the switch or can be retrieved using the following Cisco IOS Software CLI command: "show version | include Version ID".
The H/W revision can be retrieved using the following Cisco IOS Software CLI commands:
• For a 3560-X switch: "show version | include Hardware"
• For 3750-X switches, stack or standalone: "remote command all show version | include Hardware"


C3KX-SM-10Gを一緒に購入している場合はまず問題ないが無いと思いますが、既にCat3560X/Cat3750X購入していてそれにC3KX-SM-10Gを追加する場合はハードウェアリビジョンが 0x01 だった場合は交換する必要があります。
一応、2011年1月以降に出荷しているCat3560X/Cat3750XはC3KX-SM-10Gに対応しているようです。

Cisco has been shipping switches compatible with the service module since January 2011. Refer to the account manager for how to replace older revisions when ordering the service module.



ちなみに C3KX-SM-10G は1Gbps、10Gbpsともに利用できます。
Installation Notes for the Catalyst 3750-X and 3560-X Network Modules
Network Module Overview
C3KX-SM-10G

http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/lan/catalyst3750x_3560x/hardware/install/notes/net_mod_note.html#wp137572

This module has two slots that support either 1-Gigabit SFP or 10-Gigabit SFP+ modules.


追記。

15.0(1)SE2のリリースノートを読んでいたら以下のようなバグフィックスがされているのでC3KX-SM-10Gを利用するなら15.0(1)SE2からにした方が良さそうです。

Caveats Resolved in Cisco IOS Release 15.0(1)SE2
•CSCtw91517 (Catalyst Switches 3560-X and 3750-X)
http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/lan/catalyst3750x_3560x/software/release/15.0_1_se/release/notes/OL25302.html#wp1051347

If network module C3KX-SM-10G is installed on Cisco IOS Release 15.0(1)SE1, the module does not boot properly and a version mismatch error is displayed.
This problem is fixed in Cisco IOS Release 15.0(1)SE2.



関連記事

【2012/01/28 19:54】 | ツール・サポート情報
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。