FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録。

冗長化Sup対応の WS-C4507R-EWS-C4510R-E のEoS/EoL情報が出ています。

End-of-Sale and End-of-Life Announcement for the Select Cisco Catalyst 4500E Series Chassis
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/switches/ps5718/ps4324/eol_c51-706059.html

主なイベントの日付を記載します。
----------------------------------------------
販売終了(End-of-Sale Date) :2013年4月16日
サポート終了(Last Date of Support: HW):2020年4月30日
----------------------------------------------
※なんかEoLまでが長いですね。。。

後継製品は以下のようになっています。

WS-C4507R-E → WS-C4507R+E
WS-C4510R-E → WS-C4510R+E



"-R""+R" で似ていますが、Sup7-E/7L-Eを使うときに違いが出てきます。
"-R"シャーシ では1スロットあたりのバックプレーン接続帯域が 24Gbps となってしまいますが、
"+R"シャーシ では1スロットあたりのバックプレーン接続帯域が 48Gbps となります。
※ちなみにSup7L-E(Sup6L-Eも)はそもそも WS-C4510+E をサポートしていません。

Cisco Catalyst 4500 シャーシ データ シート
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/switches/cat4500/prodlit/c4500_ds.html
表 2 Cisco Catalyst 4500E シリーズにおけるスーパバイザ エンジンのサポート


<参考>
EoS/EoLの調べ方
http://networkerslog.blog137.fc2.com/blog-entry-51.html

関連記事

【2012/05/05 20:18】 | EoS/EoL
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。