FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
備忘録。

関連記事は こちら(Catalyst 2960 及び 2960-S で IPルーティングがサポート開始)

Catalyst3560-XのRelease Noteを調べていたら
12.2(58)SE1
から
LAN Base Feature Set
でも
Static Routing
をサポートを開始していました。
Catalyst2960-Sと同じように
16 static route
が設定できるようです。


Release Notes for Catalyst 3750-X, 3750-E, 3560-X, and 3560-E Switches, Cisco IOS Release 12.2(58)SE1 and Later
New Software Features

http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/lan/catalyst3750x_3560x/software/release/12.2_58_se/release/notes/OL24338.html#wp1009434

Support for 16 static routes on switch virtual interfaces (SVIs) on Catalyst 3750-X or 3560-X switches running the LAN base image.


Minimum Cisco IOS Release for Major Features
Table 5 Features Introduced After the First Release and the Minimum Cisco IOS Release Required

http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/lan/catalyst3750x_3560x/software/release/12.2_58_se/release/notes/OL24338.html#wp1023311

Support for 16 static routes on SVIs on the LAN Base feature set
12.2(58)SE1
3750-X, 3560-X



ただ少々曲者なのがLAN Base Feature Setでの Static Routingのサポート
IPv4だけ
の話で
IPv6ではホスト機能
しかサポートしていないということです。
もしIPv6でもStatic Routingをしたい場合は今まで通り
IP Base Feature Set
が必要と言うことになります。
※15.0(1)SEでもLAN Base Feature SetではIPv6はホスト機能のみのサポートとなります。

以下はその辺が書いてある日本語コンフィギュレーションガイドと英語コンフィギュレーションガイドです。

Catalyst 3750-X/3560-X スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
Cisco IOS Release 15.0(1)SE
IP ユニキャスト ルーティングの設定
ルーティング タイプ

http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/docs/SW/LANSWT-Access/CAT3750-XSWT/CG/004/swiprout.html?bid=0900e4b1827c7f4b#46281

Cisco IOS Release 12.2(58) SE 以降では、LAN ベース フィーチャ セットを実行しているスイッチは、管理インターフェイスに使用するデフォルト ルートに加えて、16 のユーザ設定のスタティック ルートをサポートします。LAN ベース イメージでは、スイッチがデフォルト SDM テンプレートを実行している場合だけ、SVI だけでスタティック ルーティングがサポートされています。


Catalyst 3750-X/3560-X スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
Cisco IOS Release 15.0(1)SE
IPv6 ユニキャスト ルーティングの設定

http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/docs/SW/LANSWT-Access/CAT3750-XSWT/CG/004/swipv6.html?bid=0900e4b1827c7f4b#42009

この章のすべての IPv6 機能を使用するには、スイッチまたはスタック マスターが IP サービス フィーチャ セットを実行している必要があります。
IP ベース フィーチャー セットを実行しているスイッチは、IPv6 スタティック ルーティングと IPv6 の RIP のみをサポートします。
LAN ベースのフィーチャ セットが稼動しているスイッチは、IPv6 ホスト機能だけをサポートします。



Catalyst 3750-X and 3560-X Software Configuration Guide, Release 15.0(1)SE
Configuring IP Unicast Routing
Types of Routing

http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/lan/catalyst3750x_3560x/software/release/15.0_1_se/configuration/guide/swiprout.html#wp1236843

Beginning with Cisco IOS release 12.2(58)SE, switches running the LAN base feature set support 16 user-configured static routes, in addition to any default routes used for the management interface. The LAN base image supports static routing only on SVIs and only when the switch is running the default SDM template.



Catalyst 3750-X and 3560-X Software Configuration Guide, Release 15.0(1)SE
Configuring IPv6 Unicast Routing

http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/lan/catalyst3750x_3560x/software/release/15.0_1_se/configuration/guide/swipv6.html#wp1030666

Note.
To use all IPv6 features in this chapter, the switch or stack master must be running the IP services feature set.
Switches running the IP base feature set support only IPv6 static routing and RIP for IPv6.
Switches running the LAN base feature set support only IPv6 host functionality.



また上の天気にも記載がありますがLAN Base Feature SetIPv4のStatic Routingをしたい場合はSDMテンプレート
Default
テンプレートを使用する必要があります。
Catalyst 3750-X/3560-X スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
SDM テンプレートの設定

http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/docs/SW/LANSWT-Access/CAT3750-XSWT/CG/004/swsdm.html?bid=0900e4b1827c7f4b

ちなみにCatalyst3560-XやCatalyst3750-XはCatalyst2960-Sと違いライセンスで
LAN Base→IP Base
LAN Base→IP Services
IP Base→IP Services
へのアップグレードパスが用意されているので最悪ライセンスアップグレードで対応することが可能な分だけまだ救いがあるかな、と。
ただ24ポートスイッチと48ポートスイッチでそれぞれのライセンスの金額が違うんですよね。。。
※All GE SFPスイッチだと12ポート、24ポートのIP Base→IP Servicesだけですが。


ちなみに^2Catalyst3560-Xの日本語マニュアルを新しいメニューで探すと出てこないのはどうにかなりませんかね。。。
Catalyst3750-Xにはあり結果的に同じなのでそちらから辿っていますが。。。


関連記事

【2012/05/14 23:55】 | IOS・設定関連
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可