FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
とりあえず、備忘録。

Windowsのtelnetサーバ機能を利用方法

1. Windows7の場合
a. スタートボタン
 →既定のプログラム
  →プログラムと機能
   →Windowsの機能の有効化または無効化
    →Telnetサーバー
にチェックを入れる。
※"Windowsの機能の有効化または無効化"は開くのに時間がかかるし
 チェックを入れた後も時間がかかる。

b. cmd.exe
   pkgmgr /iu:"TelnetServer"
  を入力
 ※アンインストールは
   pkgmgr /uu:"TelnetServer"
 となる。
 ※a.の方が確実。


2. cmdで services.msc を入力して サービスの管理画面へ
a. Telnetを探して
  →スタートアップの種類を無効から手動へ
   →サービスを 開始 へ


3. WindowsファイアウォールのTelnetを受信する設定
Windows7の場合
スタートボタン
  →コントロール パネル
   →Windowsファイアウォールを介したプログラムまたは機能を許可する。
    →Telnet で許可されていること


4. ユーザ設定
Windows7の場合
 スタートボタン
  →コンピュータを右クリック
   →管理をクリック
    →ローカルユーザとグループ
     →ユーザでユーザの追加
      →作成したユーザを右クリック
       →プロパティ
        →所属するグループ
         →追加
          →TelnetClients を入力して名前の確認
           →OK


5. TelnetサーバのTCPポート番号の変更
Windows7の場合
 スタートボタン
  →すべてのプログラム
   →アクセサリ
    →コマンドプロンプトを右クリック
     →管理者として実行
      →コマンドプロンプトにて tlntadmn を 入力。現状の設定情報を見る。
       → tlntadmn config port=123 を入力(TCP23→TCP123にListenを変更)
        →TeraTerm等でポート番号を変更してアクセス。




<参照ページ>
Telnet サーバーのインストール
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc770501(v=ws.10).aspx

Telnetサーバのポート番号の変更方法
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc771200(v=ws.10).aspx


追記。

tlntadmnでのポートの変更は 1024 以下でないとダメとのこと。。。


関連記事

【2013/03/02 00:41】 | ネットワーク一般
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック