FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録。

いわゆる 黒はんぺん といわれていて工場なんかの過酷な環境用に使われていた
Aironet 1240
に EoS/EoL 情報が出てました。

End-of-Sale and End-of-Life Announcement for the Cisco Aironet 1240 AG Series
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/wireless/ps5678/ps6521/end_of_life_notice_c51-726425.html

主なイベントの日付を記載します。
----------------------------------------------
販売終了(End-of-Sale Date) :2013年7月26日
サポート終了(Last Date of Support: HW):2018年7月31日
----------------------------------------------

後継製品は以下のようになっています。

AIR-AP1242系 … AIR-SAP1602E/AIR-SAP2602E
AIR-LAP1242系 … AIR-CAP1602E/AIR-CAP2602E


どっちを使うかはデータレートと価格で決める感じでしょうか?
※ClientLinkの最大数も1600は32で2600は128という違いもあるようです。
 多くの端末を1つのAPで収容する場合は2600シリーズにした方がよさそうです。


<関連記事>
EoS/EoLの調べ方
http://networkerslog.blog137.fc2.com/blog-entry-51.html

Aironet AP毎の対応機能について(2013年4月版)
http://networkerslog.blog137.fc2.com/blog-entry-309.html

関連記事

【2013/04/07 19:01】 | EoS/EoL
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。