FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録。

ASA5500-XからはIPSが内蔵されていて固定的にリソースが割り当てられてFWのリソースを食わないようになったのですが、内蔵になったのでIPS機能に入る方法と抜ける方法が少々特殊になったかと。

・ログインの仕方

session ips


・ログオフの仕方

CTRL-Shift-6 → x

※ログオフは”CTRL-Shift-6-x”ではなく”CTRL-Shift-6”を 2回 押した後に、”x”を押します。
↑2回入力するのはアクセスサーバ経由でReverse Telentで入っている場合でした。

Cisco Intrusion Prevention System Sensor CLI Configuration Guide for IPS 7.1
Initializing the Sensor
Advanced Setup for the ASA 5500-X IPS SSP

http://www.cisco.com/en/US/docs/security/ips/7.1/configuration/guide/cli/cli_logging_in.html#wp1065573


パスワードリセットなど初期化に関するコマンドはこちら。
Cisco Intrusion Prevention System Sensor CLI Configuration Guide for IPS 7.1
Configuring the ASA 5500-X IPS SSP

http://www.cisco.com/en/US/docs/security/ips/7.1/configuration/guide/cli/cli_asa_ips.html


<参考ページ>
CTRL+SHIFT+6 で任意の場所に戻る方法
http://networkerslog.blog137.fc2.com/blog-entry-270.html


関連記事

【2013/05/20 12:13】 | IOS・設定関連
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。