FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録。

シスコ機器の場合、リモート接続しているとき一時的にその機器から抜けて元の機器に戻りたい、というときに
CTRL-Shift-6-x
を使うことでログオフをしないで戻ることができます。

で、iPadのiSSHやAndroidのConnectBotで同じことをしようとするとShiftキーとの組み合わせがうまくいかなくてできなかったのですが、よくよく考えると入力しているキーボードの字面は
CTRL-Shift-6-x
ですが、実際ルータなどに届いているのは
CTRL-^X
なのでそれを入力すればいいんだなと。

ということで色々試したらうまくいきましたので入力例をば。
iOSデバイスでiSSHを使う場合

1. 左上の”Ctrl”を押す(押すとCtrlの左上に小さな緑の点が点灯)
2. 左一番下の”123”を押す
3. 左下から2番目の”#+=”を押す
4. ”^”を押す(数字のときに 7 があったところ)
5. 左一番下の”ABC”を押す
6. ”X”を押す
7. アクセス元のコンソールに戻る



AndroidデバイスでConnectBotを使う場合
※入力方法というかキーボードは”Hacker's Keyboard”を使います。
 どうもこれ以外はうまくいかないので。。。

1. 真ん中列左にある”Ctrl”を押す(押すとCtrlの下に水色の線が点灯)
2. 下から2列目左のShiftキー”↑”を押す
3. ”^”を押す(数字のときに 6 があったところ)
4. ”x”を押す
5. アクセス元のコンソールに戻る


ちなみに普段の入力方法はPOBoxTouch、ATOKなどを使っていると思います。
入力方法の切り替えはAndroid OSのバージョンや端末によって違うと思うのですがとりあえず。
・Galaxy Tab
ConnectBotの下にある接続先ホストの入力欄で長押ししているとポップアップが表示され、そこに”入力方法”があるのでこれをクリックして”Hacker's Keyboard”を選ぶ。
・Xperia(Android 4.0.4)
ConnectBotが起動しているときに上の通知エリアに”入力方法の選択”があるのでこれをクリックして”Hacker's Keyboard”を選ぶ。


<参考ページ>
CTRL+SHIFT+6 で任意の場所に戻る方法
http://networkerslog.blog137.fc2.com/blog-entry-270.html


関連記事

【2013/05/20 13:04】 | モバイル
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。