FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録。

以前、
フレッツサービスのエントリーVPNで使用できないIPアドレス
で、フレッツ系のVPNサービスで利用できないIPアドレスを書きましたが、その中で

しかし、この内容って
技術参考資料
に書いてあってしかるべき内容ではないですかね?
IPアドレスの章があってちゃんとクラスD、クラスEはサポートしない、と書いてあるんだから。

と書きましたが、今度は技術参考資料に使用できないアドレスの追記があったのですが、ええ、違うのが追記されていました。
それは
Shared Address Space
です。
”Shared Address Space”というのは以前書いた
CGN(Carrier-Grade NAT)用のアドレス帯(100.64.0.0/10)
のことです。

NTT東日本
IP 通信網サービスのインタフェース― フレッツシリーズ ―
第三分冊 第22版

http://flets.com/pdf/ip-int-flets-3.pdf
P.95 VPNゲート:2.4.1 IPアドレス
P.98 VPNゲート:3.4.1 IPアドレス
P.103 VPNゲート:4.4.1 IPアドレス
P.132 VPNワイド:2.4.1 IPアドレス

RFC6598で規定されているShared Address Spaceは利用できません。

改版履歴を見ると、2013年1月7日の第21版で入ったようです。

まー、それはいいのですが、そのセクションの追記をすなら管理系のアドレスのことも書きましょうよ。

ということでフレッツのVPNサービスで利用できないアドレスというのはとりあえず以下のように考えておけば間違いがないのかな?

(1) IPアドレス
・0.0.0.0
・10.128.0.0~10.145.255.255
・100.64.0.0~100.127.255.255
・クラスD(224.0.0.0~239.255.255.255)
・クラスE(240.0.0.0~255.255.255.255)

(2) サブネットマスク
・0.0.0.0(/0)
・128.0.0.0(/1)
・192.0.0.0(/2)
・224.0.0.0(/3)
・240.0.0.0(/4)
・248.0.0.0(/5)
・252.0.0.0(/6)
・254.0.0.0(/7)



しかし Shared Address Space を使っちゃダメというのはフレッツのVPNサービスからインターネットに抜けるオプションでも付けるんですかね?
そもそも制約もあるしやるとなったらハレーションも起きそうな気が。。。


<参考ページ>
CGN(Carrier-Grade NAT)用のアドレス帯(100.64.0.0/10)
http://networkerslog.blog137.fc2.com/blog-entry-306.html

フレッツサービスのエントリーVPNで使用できないIPアドレス
http://networkerslog.blog137.fc2.com/blog-entry-204.html

フレッツサービスが使用するネットワークとDNS
http://networkerslog.blog137.fc2.com/blog-entry-319.html

関連記事

【2013/05/25 23:58】 | ネットワーク一般
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。