FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
備忘録。

Cisco VPN ClientはWindows7までのサポート(というか当初はWindows7のサポートもしないと行っていた記憶も)なのでWindows8で使おうとすると以下のエラーが出てしまうようです。

Reason 442:Failed to enable Virtual Adapter



以下のサイトに解決策が記載されていました。
PC-ZERO Blog
Windows 8でCisco VPN Clientで接続する際の “Reason 442:Failed to enable Virtual Adapter” エラーへの対処法
http://blog.pc-zero.jp/2012/09/878.html

1,レジストリエディタで以下のキーを開く
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\CVirtA

2,キー内の「DisplayName」エントリを開き、以下のように修正
・32bitの場合「Cisco Systems VPN Adapter
・64bitの場合「Cisco Systems VPN Adapter for 64-bit Windows

3,接続を再試行


まー、一時しのぎにはいいですがサポート外の使い方なので業務で使うのはどうかな?と思いますが。
ただ後継ソフトのAnyConnectを使おうとするとクライアントがPCでもEssentialライセンスが最低でも必要ですし、iPad、iPhone、Androidといったスマフォ・タブレットから使おうとするとMobileライセンスも必要になりますので、今までCisco VPN ClientでリモートアクセスのIPsecだけでいいというユーザからするとハードルは高いですよね。。。
しかしVPN ClientからAnyConnectにしたいシスコの思惑からするとiOS端末に標準機能として載っているIPsec VPN機能って実は今になってみると足かせ的な感じとか思ったり。

<参考ページ>
Microsoft TechNet
Why Cisco VPN Client fails to enable virtual adapter in Windows 8? This doesn’t allow me to connect to my University network.

http://social.technet.microsoft.com/Forums/en-US/fe19ec2e-d1f3-4ffd-b9a5-1fdf464fcd32/why-cisco-vpn-client-fails-to-enable-virtual-adapter-in-windows-8-this-doesnt-allow-me-to-connect

関連記事

【2013/07/13 21:42】 | Cisco
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック