FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録。

PortFast設定について。
L3SW,L2SWの直接収容でルータ、ファイアウォール、サーバが接続していて且つ論理的にLayer2ではVLAN Trunk(Tagging)で接続しているインタフェースでPortFast設定をするときは ”trunk ”オプションが必要になります。

・通常のPortFast設定
!----------------------------------
interface FastEthernetX/Y
 spanning-tree portfast
 spanning-tree bpduguard enable

!
!----------------------------------

・VLAN Trunkと組み合わせたときのPortFast設定
!----------------------------------
interface FastEthernetX/Y
 spanning-tree portfast trunk
 spanning-tree bpduguard enable

!
!----------------------------------

ちなみにPortFastを設定するときは”spanning-tree bpduguard enable ”も設定しておきましょう。
設計上流れてくるわけがないのですから>BPDU。
もしそういう想定ができないのであればそもそもPortFast設定は使用すべきではないので。
関連記事

【2010/11/27 19:54】 | IOS・設定関連
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。