FC2ブログ
自分の備忘録ぐらいに適当に。 ネットワークと宇宙開発と天文とそれと自転車を徒然と。
備忘録。

5か月前のリリース情報ですが、前の記事で後継製品として紹介されていたCatalyst6500/Catalyst6800の1GbpsメタルのラインカードのEoS/EoL情報が出ていました。
※Instant Access製品も。

End-of-Sale and End-of-Life Announcement for the Cisco 6800 Instant Access Clients and 6800 1G Copper Line cards
https://www.cisco.com/c/en/us/products/collateral/switches/catalyst-6800-series-switches/eos-eol-notice-c51-738970.html

主なイベントの日付を記載します。
----------------------------------------------
販売終了(End-of-Sale Date):2018年4月30日
サポート終了(Last Date of Support: HW):2023年4月30日
----------------------------------------------
Cat65/Cat68の1Gbpsのラインカードだからだと思いますがEoS/EoL発表から販売終了まで1年ぐらいあります。
※通常6ヶ月なので。

該当する機種は以下の通りです。

C6800-48P-TX
C6800-48P-TX-XL
C6800IA-48FPD
C6800IA-48FPDR
C6800IA-48TD



後継製品は、、、
無い
です。
ええ、ないです。
重要なことなのでもう一回書きます。

後継製品はないのです!!

しかもInstant Accessも無くすからメタルのラインカード相当は実質無しで、ってことは
SFPモジュールにGLC-TEをしこたま乗せろ!
ということですか???>シスコさん!!!
※まぁ、IA専用機がなくなるだけでIA対応の機器はありますが。。。

なんつーか、
そりゃなくね?
って思うの私だけですかね?
データセンター系のスイッチはNexus7000にしたいんだと思うのですが、アーキテクチャーが違うから根本的に設計を変えなきゃいけないし、最新のNexus7Kなら少しはラインカード内のL2/L3のデータパスのやりくりは楽になったのかもしれないですが、なんか力業感があって好きになれないんですよね。。。本当にSANスイッチから派生した製品なのか?と思いたくなることがあります>Nexusシリーズ

尚、新しくリリースされたCatalyst 9000というシリーズが出ていますが、
これがCatalyst6800の後継か!?
と期待したのですが、どちらかというとCatalyst4500系のDNA対応版という感じで、Sup6Tに比べるとバックプレーン容量とかは完全に劣っているし。

なんというか、ワールドワイドで使えるエンタープライズのLANソリューションで(アーキテクチャー的に)実績があり、ラインナップが揃っているのは実質シスコしか無いのに、なんか、最近のシスコのエンタープライズソリューションは、このLANスイッチだけでなく、ルータとかもちょっと迷走している感があるんですよね。。。



関連記事

【2017/10/01 23:31】 | EoS/EoL
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック